マティーニのほかにも Vol.5

損保勤務の28歳独身男がNY駐在に。現地で彼女ができ、マンハッタンのバーでデートしていたら…

東京に点在する、いくつものバー。

そこはお酒を楽しむ場にとどまらず、都会で目まぐるしい日々をすごす人々にとっての、止まり木のような場所だ。

どんなバーにも共通しているのは、そこには人々のドラマがあるということ。

カクテルの数ほどある喜怒哀楽のドラマを、グラスに満たしてお届けします──。

▶前回:一橋卒の28歳エリート証券マン。上司から誘われ、日本橋のバーに渋々付いて行ったら…


Vol.5 <マンハッタン/セントラルパーク> 橘秀之(40)の場合


「橘さん、ご馳走さまでした」

「おう、付き合ってもらってありがとな」

「今夜は本当にありがとうございました。俺、もう一踏ん張りしてきます!」

「うん、頑張れよ」

体育会の学生のような威勢のいい挨拶は、本来静かなバーにはそぐわない。

けれど、たまたま他に客がいないこと。ここが橘の10年来の行きつけであること。そして何より…すっかり目に光が戻った部下・新田の様子が微笑ましくて、橘は父親のように目尻を下げる。

ジンフィズを飲み終えた新田が弾丸のようにドアを飛び出していくのを、バーテンダーと一緒に微笑みながら見送った。

そして再び店内に穏やかな静寂が訪れると、バーテンダーは、橘に問いかけた。

「彼、昔の橘さんに似ているっておっしゃってましたよね。橘さんも、昔はあんなにパワフルだったんですか?」

「なんだぁ?今の俺が元気ないみたいに言うなよ」

そんな軽口を叩きながらも、橘は眼を細める。

「まあ、そうだな。俺があいつくらいの時は…あいつよりももっと、頼りなかったかもな」

そして、残り少なくなったジンフィズのグラスを傾けながら、自身が28歳の時の頃を思い返す。

橘が28歳だったのは、もう12年も前だ。

今でこそ転職も経験し証券会社で役職付きとなっているものの、当時はまだ大手損保に入社6年目のいちペーペー。

大して自信もない語学力を見込まれ、独り身のままNY支店に駐在をしていた頃だ。

慣れない業務に慣れない英語で、もちろん仕事は大変だった。

けれど当時を振り返っても、橘の胸に込み上げてくるのは苦労の酸味ではなく、ほろ苦さを孕んだ甘さなのだった。

この記事へのコメント

Pencilコメントする
No Name
一話完結( 先週登場した上司ではあるけれど) で、12年前の回想なのにすごく感情移入させられたステキなお話だった。マンハッタンは「切ない恋心」と言う意味もあるし、バーテンダーの優しいはからい含めてうまくまとめたなと。
2024/06/19 05:2851
No Name
さようなら、俺の女王様
ここがなぜか妙に心に刺さり泣けた。

この作者さん素晴らしいなぁ。再来週だけどリサの話も楽しみ。
2024/06/19 05:3348返信1件
No Name
マンハッタンのチェリーをパセリの葉に変えるだけでセントラルパークになる。同じ飲み物なのに全く違うもの。
橘の海外赴任時代の気持ちと、家族を持った今の気持ちも、それくらい切り替えられているのだろうね。

次回は、12年前は女優の卵だったリサの話。素敵な女優になっていたらいいな。 
2024/06/19 11:2914
もっと見る ( 14 件 )

【マティーニのほかにも】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo