The WATCH Vol.8

「恋愛は面倒だけど、結婚はしたい!」32歳IT男子がマッチングアプリを始めたら、意外な展開に…

スマートウォッチが全盛の今、あえてアナログな高級時計を身につける男たちがいる。

世に言う、富裕層と呼ばれる高ステータスな男たちだ。

ときに権力を誇示するため、ときに資産性を見込んで、ときに芸術作品として、彼らは時計を愛でる。

ハイスペックな男にとって時計は、価値観や生き様を表す重要なアイテムなのだ。

この物語は、高級時計を持つ様々な男たちの人生譚である。

▶前回:シャンパン飲み放題のデートで、29歳CAの態度に男が幻滅。彼女が犯した失敗とは


Vol.8 IT企業経営者・亮(32歳)を変えた出会い


「今日は5キロで終了っと」

「アップルウォッチ」で心拍数を確認する。

青山にある会員制高級ジムのランニングマシーンで汗を流すことが、亮の日課だ。

亮は学生の頃にWEBマーケティングの会社を起業。その後、業績を伸ばし、次々と新しいサブスクサービスなどをローンチし、今や若手IT起業家として有名人になっていた。

― さて、今夜は婚活アプリで出会った子とデート。プロフィールチェックしておこう。

亮は、生活全般において「合理的であること」を目指していた。

たとえば、ファッションは考える時間を減らすために黒のジャケットしか着ない、食事も何時に何を食べるなど規則化し、生活の一定化を図っていた。

そんな亮の口癖は「恋愛は非合理的」だ。

それゆえ、自己紹介や感情の駆け引きが無駄だという考えから、婚活アプリを活用し、条件の合う女性のみに会うという方法で結婚相手を探していた。

今夜はアプリで条件の合った女性との約束があったため、急いでシャワーを浴び、手慣れた様子でUberでアルファードのタクシーを予約した。

ブーブーッ

到着を知らせる通知がアップルウォッチから鳴った。亮は、アップルウォッチを、左手から外すと、「パテック フィリップ・ノーチラス」を着ける。

亮は、合理性を考えてシーンによって時計を替えるようにしていた。仕事や大切な人の前ではノーチラスを着け、普段の生活ではアップルウォッチを着ける。

タクシーに乗るためにジムの廊下を歩いていると、女子更衣室から、突然現れた女性とぶつかった。

「きゃあっ!!!」

「す、すみません!急いでたもので……。ケガはないですか?」

「大丈夫です。びっくりしただけですから」

亮は、転倒した女性に手を差し出し、立ち上がるのを手助けする。

そして、女性の顔を間近に見て、亮はハッとした。

この記事へのコメント

Pencilコメントする
No Name
効率重視のコスパ男は、月曜日にも登場してましたね。
でも、亮は今まで本当に好きになれる人と出会ってなかっただけなのかも。りえさんと出会い、効率や合理性ばかりを求めると、大事なものを逃すと分かって本当によかった。
2022/11/24 05:3960
No Name
今日も良きストーリーでした。
亮って名前、過去の連載ですごい悪い男がいたような気がする…笑。
2022/11/24 05:4034
No Name
理恵がはっとする美人て亮のタイプだったから恋愛に発展しそうだけれど、これが不美人で相撲取り体型の女性だったら、名刺すら渡してないよね?
2022/11/24 05:5332返信3件
もっと見る ( 12 件 )

【The WATCH】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo