東京レストラン・ストーリー Vol.22

忙し過ぎて、LINEの未読が50件。六本木勤めの30歳女は、彼氏を若いモデルに奪われてしまい…

レストランを予約してその予定を書き込むとき、私たちの心は一気に華やぐもの―。

なぜならその瞬間、あなただけの大切なストーリーが始まるから。

これは東京のレストランを舞台にした、大人の男女のストーリー。

▶前回:「ここ、来たことある…」彼が気合を入れて選んでくれたお店、元彼との思い出の場所だったら…


Vol.22 杏(30歳)が失ったもの、得たもの


金曜17時。大きな案件が無事に終わり、私はデスクで大きく伸びをした。

「お、終わった…!!」

ここ最近ずっと忙しかった。今日こそ早く帰宅しようと、六本木ヒルズのオフィスを足早に去る。でも外に出ると急に冷たい空気が私を突き刺し、思わず肩をすくめた。

外資系の投資銀行に勤める私は、信じられないほど忙しくなるときがある。

プライベートのLINEに返信する時間さえもったいない。何より仕事で疲れ果てていると、その他のことがすべて億劫になってしまう。家はヘルパーさんがいないと、他人に見せられないくらい散らかる。

「そうだ、雄太に連絡をしないと」

スマホをカバンから取り出してLINEを見ると、未読が50件以上も溜まっていたが、その中には彼氏の雄太も含まれていた。

― 杏:雄太お疲れ!仕事終わったよ〜。今夜は何してるの?


「せっかくだから、今夜は雄太と飲みたいな」

そう思い、とりあえず広尾にある行きつけのお店でひとりワインを開け、雄太からの連絡を待つことにした。

でも結局この晩、返信が来ることはなかった。

この記事へのコメント

Pencilコメントする
No Name
自立している女性がいいとか言う男はマジで要注意だよ!更に、雄太は支えてくれる人が良かったとも言ってる。がむしゃらに仕事して精神的にも自立している女性に支えてもらいたい? 求め過ぎ。むしろ20歳位の港区女子(売れないモデル)がお似合い。
2022/11/05 05:3668返信2件
No Name
好きな人にフラれた後、どうしてもっと優しくできなかったんだろう…出来る事たくさんあったのにと、すごい後悔が押し寄せてきますよね。その辺り含めてとても共感できました。杏は可愛げのない女なんかじゃない!杏の良さを理解して愛してくれる男性はきっといます♡
2022/11/05 05:3256返信1件
No Name
「支えてくれる人がいい」って言う人ってさ、自分は相手を支える気サラサラなかったりするよねw
2022/11/05 06:1537返信1件
もっと見る ( 32 件 )

【東京レストラン・ストーリー】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo