孤独な男と女のあいだに Vol.12

略奪愛したものの…。人の彼氏を奪って結婚にまでこぎつけた女が、3年後に見た悲劇とは

東京で生きる、孤独な男女。

彼らにそっと寄り添い、時には人生を変えてくれるモノがある。

ワインだ。

時を経て熟成される1本は、仕事や恋、生き方に日々奮闘する私たちに、解を導いてくれる。

これは、ワインでつながる男女のストーリー。

▶前回:友達と男女の関係になってしまった…。翌朝、気まずい空気が流れるなか、女が放った一言とは


Vol.12 憂いを帯びた瞳


〈プロフィール〉
名前:学(33)
職業:ワインショップ経営


「学さん、こんにちは!今日も暑いわね」

白いポメラニアンのココを連れて、店の外から声をかけてきたのは、常連客のレイラさんだ。

「前回のシャンパーニュ、とっても美味しかったわ。今日はどうしようかな…......


この記事へのコメント

Pencilコメントする
No Name
レイラさん、人生の浮き沈みは誰にでもあります。

なんかこの言葉が妙に頭に残った🥺
ありきたりかもしれないけど、すごい優しい気持ちが伝わる。
過剰にポジティブで、だめだよ元気だしなよみたいに軽く言われるより、心に響くね。この連載は毎週裏切らない素晴らしい内容!
2022/08/09 05:3595返信1件
No Name
すごいいいお話♡
何だかこの2人うまくいきそうね。
2022/08/09 05:2870返信1件
No Name
スイスのピノノワール、しかもロゼとかすごいレアでマニアックなのが出てきてすごいなぁ。
この連載、ずっと続いて欲しい!毎週どんなワインが紹介されるのか楽しみなので。
2022/08/09 05:5253
No Name
今日も素敵なお話でした!
心の薬を処方するようにワインを選ぶっていいなぁ~
お話のロゼもだけど、私も89年生まれなので生まれ年のビンテージワインも気になる😍
2022/08/09 05:1635
No Name
略奪愛…。彼に長く付き合ってた女性がいたと後から知ったなら、仕方なかったと思う。この元夫が目移りしやすいと言うか、悪い男だっただけで。
2022/08/09 08:0727返信1件
もっと見る ( 20 件 )

【孤独な男と女のあいだに】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo