孤独な男と女のあいだに Vol.11

友達と男女の関係になってしまった…。翌朝、気まずい空気が流れるなか、女が放った一言とは

東京で生きる、孤独な男女。

彼らにそっと寄り添い、時には人生を変えてくれるモノがある。

ワインだ。

時を経て熟成される1本は、仕事や恋、生き方に日々奮闘する私たちに、解を導いてくれる。

これは、ワインでつながる男女のストーリー。

▶前回:「プチプラコーデって、正直ダサい」ママになった友人のファッションをバカにしていた28歳独女が…


Vol.11 もう手に入らないもの


〈プロフィール〉
名前:龍(30)
職業:事業資金融資専門会社 代表取締役


― ハチ公前で待ち合わせなんて、いつ振りだろう…。

金曜の17時すぎ。

七恵との待ち合わせの10分前に到着した僕は、若者で賑わう渋谷の街を眺めていた。

僕と彼女の出会いは、大学時代。

七恵は福岡、僕は東京という離れた大学ではあったが、青年国際交流事業のメンバーに選ばれ、大学2年生の夏、1ヶ月間カンボジアで生活を共にした仲間だ。

ずいぶん綺麗でプライドが高そうな子がいる、というのが七恵の第一印象だ。

しかし、何度かディスカッションを共にするうちに彼女のイメージは変わっていった。

自分の意見はしっかりと持ちつつ、国籍を越えて打ち解けられる人懐っこさや、気配りのできる一面を見て、僕は彼女に自然に惹かれた。

七恵も僕に対して、「真剣な話も、くだらない話もできる」と言い、出会って数日で僕らはすっかり仲良くなった。

そして、交流会が終わったあとも、年に数回ほど会う関係が10年ほど続いている。

お互いの住んでいる東京、福岡を訪問し数日間一緒に過ごす。といっても、色気ゼロの関係だ。

たとえ、付き合ったとしても遠距離になるし、お互いに男女の友情を壊したくないと考えていたのだと思う。

ただ、一度だけ、その友情が壊れかけた時がある。

この記事へのコメント

Pencilコメントする
No Name
今週もステキなお話でした! それにしてもこのライターさんかなりワインに精通してますよね。本文中のワインに対する感想なども端的に上手く表現していて素晴らしいです。来週も楽しみ!
2022/08/02 05:3899+
No Name
良い話だけど…切ないねぇ🥺🥺
2022/08/02 05:1199+返信1件
No Name
泣けるいいお話でした。老夫婦はどんな理由でルネ アンジェル をオーダーしたのだろう?金婚式のお祝いとかかなぁ…
もう歳なので昔ほど飲めなくなって、二人でボトルを開けられなくなったからと、以前ワインバーでワインを少しシェアしてくださったご夫婦の事を思い出しました。
2022/08/02 05:4563返信1件
No Name
感情移入してしまいました!
それに、この連載に IZAKAYA VIN が登場するなんて....感動! 一時期しょっ中行っていた思い出の多いお店なので。
2022/08/02 05:2933
No Name
切なくて深いいお話でした♡
2022/08/02 05:3131返信1件
もっと見る ( 36 件 )

【孤独な男と女のあいだに】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo