プロ夫婦~作られた輝き~ Vol.5

「妊娠したの…」妻から告げられたおめでたい知らせ。夫がソレを喜べない理由

雑誌から抜け出したかのような、美男美女の夫婦。

豪邸に住み、家事や子育てはプロであるハウスキーパーに任せ、夫婦だけのプライベートタイムを満喫する。

世間は、華やかな暮らしを送るふたりを「プロ夫婦」と形容し、羨望のまなざしを送っている。

法律上の契約を不要と語り、「事実婚」というスタイルをとる、ふたりの行く末とは?

◆これまでのあらすじ

慎一と美加は、SNSで多くのフォロワーを集めるインフルエンサーカップル。ハウスキーパーの里実からのアプローチに翻弄された慎一は、彼女に辞めてもらえるよう頼む。すると、彼女は…。

▶前回:「我慢できなくなっちゃった」甘い囁きとともに抱きついてきた女。困惑した既婚男は…


Vol.5 裏切りの告白


― かわいそう、って僕が…?

玄関で、帰り際に里実に抱きつかれた慎一

慎一は、すぐに体を離し「おつかれさま」と冷たく言い放ち、里実に帰るよう促した。しかし、彼女の言葉が遅れて慎一に、のしかかってくる。

『慎一さん、かわいそうなんですもん』

― なぜ?幸せな家族の日常を、日々目の当たりにしているはずのハウスキーパーが、どうしてそう思えるんだろう。

実は「かわいそう」という単語は、慎一が他人に一番言われたくないセリフだ。

慎一は、無性に腹立たしい気持ちになった。

事実婚だから?里実もまた、それを所詮「籍を入れてもらえないから」という後ろ向きな結婚形態だと誤解しているのか。

だからこそ、新しい感覚の二人であることを積極的にアピールしているのに――。

「パパ、ただいまー」

絶妙なタイミングで、華が帰宅してくる。あと数分早く帰ってきたらと思うと、慎一はゾッとした。

「お帰り。今日は早かったね」

「お父さんと夕方Zoomするって約束してたから」

“お父さん”とは美加の前夫のことだ。美加との関係が壊れても、華にとっては実の父。最近は、よくビデオ通話をしているようだ。

美加の前夫と華がコンタクトを取ることに、正直なところ慎一は複雑な感情を持っていた。

だが美加から「慎ちゃんを選び、幸せに過ごせているのは、前の結婚で苦労をした結果あってのことよ」と、よく聞いている。

だから「彼がいなかったら、美加と一緒にはなれなかっただろう」と思うことで、自分を納得させていた。

慎一は、タブレットを手にいそいそと部屋へ入っていく華の後ろ姿を見送りながら、美加と初めて出会った頃を思い出していた。

この記事へのコメント

Pencilコメントする
No Name
里実はジャージー麺しか作らないの?笑
2022/08/10 05:1484返信1件
No Name
選択的レスって子供出来るんだ(笑)
それに慎一、何でもかんでも都合良く解釈し過ぎ。相手がどう考えてるかなんて1ミリも考えてないでしょ。
2022/08/10 05:1981
No Name
湘南へのプチ旅行の所、すごい回りくどいし引っ張り過ぎでイライラしてしまった…!
もう、美香から他に好きな人がいてその人の子供だから別れてほしいとか言われればいいよ。
2022/08/10 05:1361返信4件
No Name
美加何考えるんだろ?
浮気?して赤ちゃんできてる状態でよく旅行行けたね。
浮気と確定した訳じゃないけど、体外受精とかだったとしても夫になんの相談もないのはおかしいし。
隠し事してる割に体調心配してくれる夫に態度悪いし。
ネオなんちゃら夫婦なら許されることだと思ってるのかな?
2022/08/10 05:2642返信5件
No Name
里実、家政婦紹介所とかから来てるのかと思ったけど、違ったのかな? 辞めるなら次の候補を紹介してもらえばいいのに、自分達で探すんだ。
そんな面倒を増やしてしまった事に慎一は後悔した? なら暇なお前が探せ😆
2022/08/10 05:4025返信2件
もっと見る ( 33 件 )

【プロ夫婦~作られた輝き~】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo