東京レストラン・ストーリー Vol.14

東京最後の日、昔の恋人を食事に誘った女。故郷に帰ると告げると、彼はまっすぐこちらを見つめて…

外食が思うようにできなかった、2021年。

外で自由に食事ができる素晴らしさを、改めてかみ締める機会が多かったのではないだろうか。

レストランを予約してその予定を書き込むとき、私たちの心は一気に華やぐ。

なぜならその瞬間、あなただけの大切なストーリーが始まるから。

これは東京のレストランを舞台にした、大人の男女のストーリー。

▶前回:大企業勤めじゃないと、結婚もできない…。就活に失敗した27歳・上智卒男の劣等感


Vol.14 澪(31歳)天井知らずの街で生きてきた自分へのご褒美ランチ


空は、透き通るような五月晴れ。

杉田澪は、長年暮らした阿佐ヶ谷を離れ、故郷の富山県に戻るために大都会の玄関口・東京駅へ降り立った。北陸新幹線に乗る前に、一旦八重洲北口改札を出る。

大丸東京のパウダールームで、5年前に購入したドルチェ&ガッパーナのドレスに着替えて向かったのは、東京駅に隣接するビルの28階。

シャングリ・ラ ホテル 東京のイタリアン『ピャチェーレ』だ。

東京での思い出がいっぱい詰まったスーツケースをレストランのフロントに預け、案内されるがまま、澪は窓際の席に腰を下ろす。

時間は11時半。

どうやら、彼との待ち合わせ時間より早く着いてしまったようだ。


― 東京での最後の食事に相応しい場所ね…。

しばらく、この華やかな雰囲気を楽しむことにする。

吹き抜けの高い天井にはヴェネツィアングラスのシャンデリアが下げられ、広々とした窓の向こうは皇居の絶景が広がっている。

差し込む光はラグジュアリーな場を開放的に演出していた。

― せっかくだから、奮発してシャンパンでも頼もうかな。

女優を目指し、18歳で東京に出てきて13年目。

大学の演劇学科で演技を学び、小さい芸能事務所に所属。名前のある役で連続ドラマに出演したこともある。

でも、もう限界だった。

努力で結果が得られる世界ではない。オーディションで精神的にも体力的にも消耗する日々。気づけば同級生はみな結婚していたり、仕事を持ち、余裕のある社会生活を営んでいた。

ちょうど富山の実家が経営する造り酒屋が事業を拡大し、人手を必要としているということもあり、夢を諦めて地元に帰ることが賢明な選択だと判断したのだ。

この記事へのコメント

Pencilコメントする
No Name
文字にならない色々な気持ちが込み上げてきました。切ないけれどすごくいいお話!
2022/06/15 05:1299+返信1件
No Name
待ってました!!!レストランストーリー♡
やっぱり期待を裏切らない素敵な物語。
日本酒やワインも最近では女性醸造家が増えているので、家業を継いで頑張って欲しいなぁと思いました。
2022/06/15 05:4092
No Name
浮気された元恋人に温かい言葉をかけてくれる和巳さんいいわ。浮気を反省して謝罪する澪も最後に出来て良かったねって思うし。澪の未来が明るくなりそうな終わり方、いいわ。
2022/06/15 05:2058
No Name
今回もステキなお話✨
もがいても上手くいかない時、前向きな人が眩し過ぎて苦しくなることもありますよね。
どこにいても結局は自分自身の行動次第、澪を応援したくなりました!
2022/06/15 05:2037
No Name
感動しました。
2022/06/15 05:3336
もっと見る ( 20 件 )

【東京レストラン・ストーリー】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo