薫子の愛は、重すぎる Vol.5

「知らないほうがいい」と忠告されたものの、女が彼の“元妻”の名前を検索してみたら…?

愛とは、与えるもの。

でも、与えすぎる愛は時に、相手を押しつぶしてしまうことがある。

愛情豊かなお嬢様・薫子(26)は、そんな“重すぎる愛”の持ち主。

「適度な愛の重さ」の正解とは……?

その問いに答えを見いだすべく、改めて恋愛と向き合った女の、奮闘物語である。

▶前回:「今夜、この人と…」そう女が思い焦がれた麻布十番の夜。男から告げられた、期待を裏切る事実


「…ちゃん。薫子ちゃん!」

「はっ、はい!?」

朝8時のオフィス。社長室の机をアルコールで拭いていた薫子は、自分の名前を呼ぶ声にようやく気がつき、ビクッと背筋を伸ばした。

「今日16時に大切なお客様いらっしゃるけど、お願いしてた『空也』の最中は何時に取りに行くことに......


この記事へのコメント

Pencilコメントする
No Name
恋愛すると仕事が手につかなくなっちゃうんだね。 お子ちゃまだな。
2022/05/31 05:1699+返信8件
No Name
少女マンガか何か? 幼稚で退屈な話....
2〜3話で完結する位がちょうどいい気がする。
2022/05/31 05:3877返信8件
No Name
紀香には横井さんの名前を出さずに、今好きな人がいるんですが…と言う形で相談すればよかったのに!
後々面倒なことになるよ〜。
2022/05/31 05:1354返信2件
No Name
今日でもう薫子に共感できなくなった。というかもう、どうでもいいやと思えてきた。
とりあえず、恋愛マニュアル通りにやればいいじゃん😂 つまらん。
2022/05/31 05:1530返信5件
No Name
ちゃんと仕事しようよ💦
2022/05/31 06:1221
もっと見る ( 53 件 )

【薫子の愛は、重すぎる】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo