薫子の愛は、重すぎる Vol.9

食事会で偶然元カレに再会。「もう次の彼氏がいる」と女が告げたら、態度が豹変し…

愛とは、与えるもの。

でも、与えすぎる愛は時に、相手を押しつぶしてしまうことがある。

愛情豊かなお嬢様・薫子(26)は、そんな“重すぎる愛”の持ち主。

「適度な愛の重さ」の正解とは……?

その問いに答えを見いだすべく、改めて恋愛と向き合った女の、奮闘物語である。

▶前回:「ちょっと用事が…」と、週末に会えない理由をごまかす彼。“何かを隠してる”と確信した女は…


心地よい風が吹き渡る、代官山の夜。

和やかな会話で緩んでいた薫子の頬は、一瞬にして凍りついた。

「あれ、薫子…?」

「ひでくん…!」

目の前に立っているのは、見間違えるはずもない。去年、こっぴどく薫子を拒絶した元恋人・秀明だ。

「うっそ、ほんとに薫子?全......


この記事へのコメント

Pencilコメントする
No Name
これは薫子が気の毒。
紀香も秀明によくぞ言った。目の前にいる過去の過去を暴露するだけじゃなくて、それを批判した挙げ句笑いものにしようとするなんて、秀明は下品極まりない。
2022/06/28 05:1499+返信4件
No Name
薫子は男を見る目がなさ過ぎだから!
こんな品のない男が元彼とか。
2022/06/28 05:1595返信7件
No Name
自分より先に新しい彼氏ができてたから悔しかっただけじゃないか?空のテキーラショットがそれを物語っている😆
こんなふざけた男が元カレとか、人生最大の汚点。
2022/06/28 05:1877返信1件
No Name
秀明、最低!
なんだ、元妻と一緒なら、たまたま用事があったとかそんなのじゃない?寄り添って見えただけで。
2022/06/28 05:1341返信2件
No Name
秀明の方こそ中学生みたい!
幼稚!
2022/06/28 05:1031返信1件
もっと見る ( 32 件 )

【薫子の愛は、重すぎる】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo