薫子の愛は、重すぎる Vol.4

「今夜、この人と…」そう女が思い焦がれた麻布十番の夜。男から告げられた、期待を裏切る事実

愛とは、与えるもの。

でも、与えすぎる愛は時に、相手を押しつぶしてしまうことがある。

愛情豊かなお嬢様・薫子(26)は、そんな“重すぎる愛”の持ち主。

「適度な愛の重さ」の正解とは……?

その問いに答えを見いだすべく、改めて恋愛と向き合った女の、奮闘物語である。

▶前回:「他の男性に目移りすることってない?」交際10年の恋人がいながらそう語る、女の真意




<嫉妬深くて独占欲が強い>
女友達と遊ぶことを許さなかったり、飲み会の場に女性がいるのかを聞いてくるといった行為は、男性に「重い」という印象を抱かせてしまいがち。昔の彼女の話を根掘り葉掘り聞くなどはやめましょう!

<詮索や束縛がはげしい>
自分以外の女の子と遊ばないでほしいと伝えたり、休日はいつも自分に時間を割いてほしいと思うのもNG。彼のスマホをこっそりチェックするなんて行為は問題外です。

<愛情表現が強く、感情的すぎる>
過剰な愛情表現は、与えるのも求めるのも「重い」と感じてしまう男性が多数。ちょっとしたケンカのときにすぐに泣いてしまうなど、感情的な女性を負担に思ってしまう男性はとても多いので気をつけましょう。

<結婚や子どもなど、将来の話ばかりする>
女性は男性に比べて、早い時期から結婚を意識するもの。でもだからといって、いつも「結婚したら…」のような将来の話ばかりをするのは、男性にとってはとんでもない負担です……



「うん、うん…。『男性に合わせてばかりで、尽くしすぎるのもダメ』と…。OK、大丈夫…」

土曜日の朝。

部屋の姿見の前で、ブラックのシャツワンピースを体に合わせながら、薫子は食い入るようにスマホを見ていた。

隅から隅まで読み込んでいるのは、女性誌のWebマガジンの特集記事、『“重い女”と言われてしまう特徴10選』。

前回のデートで“経験豊富ないい女”を演じることを決めたため、薫子は必死で予習復習に励んでいるのだ。

この記事へのコメント

Pencilコメントする
No Name
バツイチか、ならまだ良かったよ! てっきり既婚者かと思ってたから。
2022/05/24 05:1099+返信3件
No Name
明日大丈夫だよね?みたいな確認の返信はすぐにした方が良いんじゃないの?
待たされている間、宙ぶらりん状態で相手もイライラすると思うけどね。
2022/05/24 06:5499+返信2件
No Name
薫子は細かいことに一喜一憂し過ぎ。
それに、演技してもその内疲れちゃうと思うんだけど…。
2022/05/24 05:1278返信3件
No Name
薫子健気に頑張っているな。その記事が正しいかどうかは分からないけど。
純一郎バツイチだったか。バツの理由にもよるけど今がフリーなら問題ないよね。
2022/05/24 05:1330
No Name
予約の都合とかもあるし、日時の確認はちゃんと返そう。
がんばってるとはおもうけど、身近にいたらムリだわ、イライラしそう。
2022/05/24 07:0628
もっと見る ( 29 件 )

【薫子の愛は、重すぎる】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo