女たちのSNS事件簿 Vol.2

意中の彼を部屋へ招くため、15万円使って模様替えする女。「告白は目前!」と確信していたが…

いまや私たちの日常に溶け込んでいるSNS。

InstagramやYouTube、Twitterなど、とても便利で面白いツールだが…。

そこには、とんでもない“ヤバイ世界”が潜んでいる可能性も。

SNSの沼にハマった女たちに待ち受ける衝撃の事件と、その結末は…?

◆これまでのあらすじ

「Twitter婚活」を始めた柚香(28)は、婚活よりも“バズる”ことに楽しさを見いだし、過激なツイートばかりするようになっていた。フォロワーも徐々に増え始めた頃、ハイスペ風の婚活男子からお誘いがあり…?

▶前回:Twitter婚活垢のフォロワーを、5,000人に爆増させた女が使った手は…


Twitter婚活の落とし穴~柚香(28)の場合~【後編】


今日のデートに対する私のモチベーションは、いつもとは少し違う。

デートのお相手は、30歳の外資系コンサルタント・アツシさん。Twitterの婚活垢にDMをくれたハイスペ男子だ。

彼は、送ってくれた顔写真もなかなかのイケメンで、何より、メッセージから誠実さがにじみ出ているのが好印象だった。

いつもは、Twitterでつぶやく恋愛ネタ探しのためにデートをする。が、今の正直な気持ちは、ネタにしたいという思い半分、婚活が成就してほしいという期待半分といったところだ。

デート場所であるザ・リッツ・カールトン東京の『タワーズ』で彼を待つ間、自分のTwitterを開き、今朝投稿したツイートに対する反応を確認する。ツイートにはすでに100を超える“いいね”が付いている。

ただ、我ながら、相変わらず内容が苛烈で笑ってしまう。

― こんな過激なツイートばかりしている私に興味を持つなんて、やっぱりすごく変な人なんじゃ……。

アツシさんが自分のツイートをどう思っているのか気になりつつも、“いいね”数が伸びていく様を見るのがたまらなく快感だった。

スマホに夢中になっていると、ふと頭上から声がした。

「すみません、お待たせしました。yuzukaさんですか?」

スマホから視線をはずして顔を上げると、黒のジャケットを羽織った長身の男性が、少し息を切らしながら立っていた。

色白で細身、いかにもインテリといった雰囲気だ。

私は「はい、そうです」と答える。

「アツシです。今日はありがとうございます。お会いできて嬉しいです」

「ええ、こちらこそ。今日はよろしくお願いします」

彼は爽やかで清潔感があり、人当たりがよさそうに見えた。

この記事へのコメント

Pencilコメントする
No Name
柚香、傷ついただろうけどこれで目が覚めればいいんじゃない?
いいねの数を求め続けるより、現実で1人いいねって言ってくれる人探した方がいいよ
2022/02/15 05:2599+返信5件
No Name
くだらないと思ってしまう…
批判して賛同コメントを集めて打ち負かした気分になって安堵とか…なんか惨めな気持ちにならないのかなと。
2022/02/15 05:2761返信5件
No Name
やられたから倍返しされただけじゃない?
2022/02/15 05:2534返信1件
No Name
いいねの数が伸びて賛同するコメントも書かれたから、世間を味方につけることに成功したとか思えるのもちょっと…どうかしてると思う。
柚香一度アカウント全部消して、TwitterやSNSから離れてみたらどうだろう?
2022/02/15 05:4126返信3件
No Name
柚香が、ヨシローに対して “ツイートからモラ男気質がにじみ出ててキツイ” とか書いたから悪いんじゃない?
実際会ったことも無いのにツイートの内容だけでその人を判断するようなことを書くから、怒りを買っただけ。
2022/02/15 05:3624返信4件
もっと見る ( 44 件 )

【女たちのSNS事件簿】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo