Age33~分岐点の女たち~ Vol.1

Age33~分岐点の女たち~:結婚間近の29歳女。彼が約束より早く家に来て、衝撃的な告白を…

女にとって、33歳とは……。

32歳までの“20代の延長戦”が終わり、30代という現実に向き合い始める年齢だ。

結婚、キャリア、人間関係―

これは、33歳を意識する女たちが、それぞれの課題に向かって奮闘する2話完結の物語だ。


30歳までに結婚したかった女・梨沙子(29歳)【前編】


土曜日の15時。

『マリアージュ フレール銀座本店』で、遅めのランチを終えた私は、時計をちらりと見た。

― そろそろ、ここを出なくちゃ。

婚約者の雄介が、18時に私の部屋に来ることになっている。それまでに、部屋を整えて食事の下準備をしておきたい。

目の前に座っている会社の先輩・愛美さんがソワソワしている私の様子に気づき声をかけてくる。

「梨沙子、時間大丈夫?混んできたし、もう出ようか」

そう言うと、愛美さんは店員を呼んでクレジットカードを渡した。私が財布を取り出すのを手で制し「今日は私からの結婚祝いってことで」と微笑んだ。

「入籍日、来月の11日だっけ?30歳の誕生日に入籍なんて、素敵ね」

「ありがとうございます。いよいよ30代だし、結婚もするしで…ドキドキしてます」

なんて言った瞬間、「ちょっと無神経だったかな」とヒヤリとする。愛美さんはすでに31歳。しかも、結婚どころか、彼氏さえいないのだ。入社以来、同じお茶の水女子大出身のよしみで気にかけてくれて、たまに食事する仲だけど、ここ1年ほど浮いた話は聞いたことがない。

しかし、彼女は涼しげな表情でこう言った。

「30歳なんて、なってしまえば、たいしたことないわよ。

少なくとも32歳までは、20代の延長戦って感じしない?ほら、うちの会社でも、32歳の社会人10年目までは若手扱いだし。30歳よりも33歳の方が節目な気がしてる」

愛美さんは立ち上がりつつ、「それまでは仕事一筋で頑張ろうかな」とつぶやいている。

一方の私もコートに腕を通しながら、頭の中で33歳になった自分を想像する。

― 雄介と結婚して3年かあ…そのころには、赤ちゃんを授かっているかもな。雄介との子ども、かわいいだろうなあ…。

愛美さんと別れ、丸ノ内線に乗り込む私の足取りは軽かった。

この記事へのコメント

Pencilコメントする
No Name
結納までしたのに、酷い!
2022/01/22 05:4799+返信6件
No Name
また浮気で土下座か。
雄介の収入なら500万円は安いと思ったけどそうでもないのね。
結婚が決まってたのに、からの婚活はしんどいと思うけど頑張って欲しいな。
2022/01/22 05:3973返信8件
No Name
20代の頃は、自分のお給料でちょっと背伸びしてもいいレストランに行きたい気持ちの方が強かった。でも30歳になったら別に高級店ばかりじゃなくてもいいと思うようになったかな…
人それぞれだけど、美味しいならちょっとディープでカジュアルなお店も行ってみたいし。
2022/01/22 05:4459返信6件
No Name
婚約者が他の女性を妊娠させた話は、東カレでも何度か出てきた既視感ありありネタ。
2022/01/22 05:4232返信1件
No Name
最近の連載はやたら年齢を絡めてくるよね。12歳年下の彼氏とか気がついたらアラ40とか。
確かに、もうすぐ結婚すると思っていたのに、突如破棄されて、また婚活の場に逆戻りしなきゃいけないとなったら、なかなかね。
現実を受け入れられないかも😭
2022/01/22 05:4627返信2件
もっと見る ( 85 件 )

【Age33~分岐点の女たち~】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo