Age33~分岐点の女たち~ Vol.13

「結婚できないなら、マンション買おうかな…」恵比寿在住・家賃12万1Kに住む31歳女の本音

女にとって、33歳とは……。

32歳までの“20代の延長戦”が終わり、30代という現実に向き合い始める年齢だ。

結婚、キャリア、人間関係―

これは、33歳を意識する女たちが、それぞれの課題に向かって奮闘する2話完結の物語だ。

▶前回:“元CA”って肩書は最強!エリート男に次から次へと出会い、チャンスを掴む31歳女


33歳までに理想の家に住みたい女・秋山由利(31歳)【前編】


「わぁ、夜景がすっごく綺麗…!」

土曜の夜、私は彼氏の宏太に連れられて、31歳の誕生日をアマン東京のスイートで過ごしていた。

― ずっと泊まってみたかったけど…彼の転職前は、こんなワガママ言えなかったもんなぁ。

同い年の宏太とはマッチングアプリを通じて知り合い、1年......


この記事へのコメント

Pencilコメントする
No Name
宏太が由利との将来を考えていそうなのは良いけど、収入が上がって羽振りが良くなった男は危険だと思うよ。貯金がないと不安だし、収入が減った時に生活ランクを落とせなくなるから。
2022/04/16 05:3991返信1件
No Name
つい先日までスーパーの塩コショウ300円のを使っていたのにって…笑った。
2022/04/16 05:3769返信2件
No Name
二股でもしてるんか.....と疑いながら読んだけど、なんだ〜優しくてステキな彼氏じゃない!アマンのスイートもだし、築地まで新鮮なアサリを買いに行ってボンゴレ作ってくれたり。 マンションも一緒に内見行かない?と誘ってくれてるし、これは上手くいく。
2022/04/16 05:5449返信3件
No Name
え♡ 上手くいけばいいね!
2022/04/16 05:3626返信1件
No Name
宏太、調子に乗ってるな。
その年収をキープできるといいけどね。
2022/04/16 06:4522
もっと見る ( 27 件 )

【Age33~分岐点の女たち~】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo