僕のヤバい時計 Vol.1

僕のヤバい時計:馬の靴屋は想定外に儲けている…高級腕時計5本、29歳イケメン御曹司

今一瞬、相手の視線が自分の袖元に落ちた……。

誰かと話している時、そんな瞬間を捉えたことはないだろうか。まるで、身に着けた時計から自分が査定されているような、心安らかでないヒヤッとするような感覚。そう、見ている人は見ている。貴方の時計を。

スマートウォッチが誕生し、携帯で時間を確認すれば事足りる時代を我々は生きている。それでも、男たちが高級時計に魅せられるのは何故だろう? 彼らが刻む、「時」とは。

高級時計を一つや二つ持っているのは不思議ではないが、ずば抜けて高い時計や、多くの時計を所有する男もいる。

そんな彼らの「ヤバい時計」をご紹介。第一弾を飾るのはーー

オーデマ ピゲ ロイヤルオーク クロノグラフ

競馬と言えば、ディープインパクトや武豊氏を思い起こす人は多いだろう。しかし、競馬界のプレーヤーは、なにも表舞台に華々しく登場するジョッキーや競走馬だけではない。

日本競馬界には、実は馬の靴屋さん、所謂ブラックスミスと呼ばれる職人がいるのをご存じだろうか。競走馬の蹄の管理を行い、蹄鉄......


【僕のヤバい時計】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo