僕のヤバい時計

今一瞬、視線を自分の裾元に落とした……。相手と話している時、そんな瞬間を捉えたことはないだろうか。まるで、身に着けた時計から自分が査定されているような、心安らかでないヒヤッとするような感覚。そう、見ている人は見ている。貴方の時計を。

スマートウォッチが誕生し、携帯で時間を確認すれば事足りる時代を我々は生きている。それでも、男たちが高級時計に魅せられるのは何故だろう? 彼らが刻む時とは。

【僕のヤバい時計】の記事一覧

3