東京レストラン・ストーリー Vol.1

東京レストラン・ストーリー:港区女子が一晩でハマった男。しかし2人の仲を引き裂こうとする影が…

ワゴンから前菜をいくつか選んだあと、メインのミラノ風カツレツとバジリコパスタをオーダーした。

いつも頼んでいた馴染みのメニュー。彼はグルメだったので有名店にも散々行ったけれど、『CHIANTI』だけは特別だと言っていた。

「いろんなレストランに行っても、結局ここに戻ってくるんだよ」

そんな彼に碧は「そうやっておじさんになっていくのよ」なんて憎まれ口を叩いていたが、碧自身も、東京の夢がたくさんつまったようなこの店が大好きだった。

もっといろんな世界を覗いてみたい、すごい人と出会ってみたい。東京という地で、これから大きく羽ばたきたい。

ここにはそんな想いが瞬間冷凍されているようで、体の芯からなにか、熱いものが湧いてくるようだった。

『CHIANTI』の味や雰囲気ももちろん大好きだけれど、当時の希望や思い出がたくさんつまった懐かしい気持ちも含めて、碧にとってここは大切なレストランなのだ。


バジリコパスタに粉チーズをたっぷりかけ、1口食べる。バジリコと大葉の香りが、鼻孔をくすぐった。

あの時の自分が、今の自分を見たらなんて言うだろう。ふと、そんなことを考える。

碧が考えていた以上に、フリーアナウンサーの世界は厳しかった。キー局でレギュラー番組を持つなんて、ほんの一握りのフリーアナウンサーのみが持てる夢だ。

当時、目の前に広がっていた無限の可能性が無限ではないこと、そして東京が夢の国ではないということを、徐々に身をもって理解していった。

だけど碧はそれでも腐らず、自分なりにもがいて頑張ってきたつもりだ。

地上波での仕事は難しかったから、知り合いのツテを辿ってメディアに度々出る起業家・森川幸助にアタックし、彼のYouTubeチャンネルの進行役を買って出た。するとそれを見ていたほかの起業家からオファーがあり、イベントの司会やマナー研修などの仕事が舞い込んでくるようになった。

傍から見たら30手前の落ち目のフリーアナウンサーかもしれない。でも北海道から出てきた自分を少しでも認めてあげたいと、必死にいまのポジションを築いてきたのだった。


メインのミラノ風カツレツも食べ終えると、デザートのワゴンが運ばれてくる。

タルトやプリン、シフォンケーキにティラミス…。綺麗に並べられたデザートを見て一気に心が華やいだ。プリンとティラミスが絶品だったことを思い出し、その2つといくつかのケーキを頼む。

雄太郎に出会ったのは、碧の頑張りを認めてくれた森川幸助が「YouTubeで君の熱心なファンがいる」と引き合わせてくれたことがキッカケだ。

出会った当時、実は雄太郎には婚約者がいた。3歳下の幼稚舎出身の女性で、碧なんかよりずっと彼にふさわしい女性だった。

でもお互いどうしようもなく惹かれ合っていたので、必死に周りを説得して、彼の両親を説得して、碧たちは結ばれた。後にも先にも、あれほど情熱的にひた走ることはないと思う。

ティラミスを食べ終えると、ずっと鳴らなかったスマホがブブっと震えた。

― 別れ話、だったりして…。

恐る恐るメッセージを開くと、そこにあったのは「ごめん」の一言。そしてすぐに一通の新着メッセージが届いた。

<俺はやっぱり、碧と一緒になりたいんだ。>

彼らしい、シンプルで温かい言葉。

何をどうあがいたって、雄太郎が生まれた家は変わらないのだ。

でももう、碧は何も知らない子どもじゃない。夢だけ見て現実を知らない若者でもない。きちんと自分なりの折り合いをつけて、感情的にならず彼と向き合おう。

不思議と、そんな前向きな気持ちになっていた。

東京は、思ったような夢の国ではなかった。でも必死にもがき続けた結果、自分を認めてもらえる場所ができ、愛する人にも出会えたのだ。

碧は最後、「これを飲むと寝つきがよくなるんだ」と元彼がよく飲んでいたレモンチェロを注文する。

濃くて甘いはずの液体が、意外にすっと喉を通っていった。

― 私は次、いつ『CHIANTI』に来るんだろう。

大切なレストランだからこそ、頻繁にきて当時の思い出を日常で塗り替えたくない。また何かに行き詰ったとき、1人で来ようと思った。

きっとここはまた、自分の背中を押してくれる。

<私こそごめん。そろそろ帰るね。>

碧はそうメッセージを打ち、席を立った。


▶Next:1月16日 日曜更新予定
東京タワーを追い続けた男女の10年

東レデート詳細はこちら >

この記事へのコメント

Pencilコメントする
No Name
東京カレンダーらしい連載が始まりましたね。長年通って思い出のつまって行きつけレストランがあるのもステキですね。
キャンティのメニューなどもしっかり下調べされてるし。
これからも楽しみです。
2022/01/09 05:3099+返信3件
No Name
ステキな連載が始まった♡
一話完結でポジティブな終わり方なのもまたよき。
2022/01/09 05:2690返信3件
No Name
いつもの港区女子の話かと思いきや、なかなかいい話だった。
2022/01/09 05:1057返信2件
No Name
最近店名が出て料理が出ないとか料理がかわいそうな状態になっていたとかな話が目に付いていたから、ちゃんと取り上げてくれる連載にホッとした。
これからが楽しみ。
2022/01/09 05:3344返信1件
No Name
引っ越しについて喧嘩した挙句に入ったお店を、「CHINTAI」と空目した自分を責められない。
2022/01/09 12:1442返信2件
もっと見る ( 48 件 )

【東京レストラン・ストーリー】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo