最終学歴、GMARCH。 Vol.4

初めての彼氏が実は既婚者だった…!中央法学部の女が考えた“最高の復讐”とは?

明治。青山学院。立教。中央。法政。そして、学習院。

通称、「GMARCH(ジーマーチ)」。

学生の上位15%しか入ることのできない難関校であるはずが、国立や早慶の影に隠れて”微妙”な評価をされてしまいがちだ。

特に女性は、就活では”並”、婚活では”高学歴”とされ、その振れ幅に悩まされることも…。

そんなGMARCHな女たちの、微妙な立ち位置。

等身大の葛藤に、あなたもきっと共感するはず。

▶前回:「付き合うなら早慶男子!」男に尽くしすぎる立教女子が、慶應彼氏にフラれた切ない理由


File4. 玲、中央大学。“中央法学部”のプライド


入学式の会場を後にした玲は、広大な中央大学多摩キャンパスに広がる桜を見渡しながら、心にこう誓っていた。

― 私も、お父さんのように立派な弁護士になってみせる!この大学で一生懸命に勉強して、在学中に司法試験に合格するんだ!

弁護士の父を持つ玲。自分も父と同じ道に進もうと大学は法学部のみを受験して、中央大学法学部に入学することになった。

GMARCH、そして中央大学の全学部の中でも群を抜いて偏差値が高い、圧倒的存在感を誇る中央大学法学部。

法曹界に数多くの人材を輩出し「司法試験を目指すなら中央大学」と言われて久しい、この大学の看板学部だ。

入学シーズンのキャンパスは、サークルや部活の勧誘が盛んに行われる。

サークルのブースが出たり、勧誘のチラシが配られたりして、まるでお祭り騒ぎのようにごった返しているのが、この時期の恒例となっている。

新入生たちは毎晩のように新歓コンパに参加しては、学内の繋がりを作っていくのだ。

しかし、玲は違った。

「大学のキャンパスで、サークルの勧誘や合コンに浮かれている他学部の子たちとは違う。私は法学部に入って、司法試験を目指す身なんだから!」

中央法学部という誇りを胸に、玲は司法試験の勉強に勤しむべく“ある場所”を目指すのだった。

【最終学歴、GMARCH。】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo