私の年下くん Vol.11

彼氏との別れを決意したアラサー女。LINEを送ってサヨナラしたのに、男が会社の前にいきなり現れて…

女にとって、経験豊富な年上男性は魅力的に映る。

だが、その魅力ゆえこだわりの強いタイプが多く、女は年を重ねていくうちに気づくのだ。

― 頑張って彼に合わせるの、もうしんどい…。

年上ばかり選んできた女が、自然体でいられる相手は一体どんなタイプの男なのだろうか?

これは、アラサー独身女がこれまでの恋愛観をアップデートする物語。

◆これまでのあらすじ

開幕戦で初のスタメン出場をすることとなった颯。その試合に、自分だけが特別に招待されたと喜んでいた多佳子だが、そこには美人モデルrinaの姿も。そのことを彼に問いただすと…。

▶前回:「他の女も招待してたよね?」大切な試合で発覚した二股疑惑。女がアスリートの彼氏に不満を告げると…


Vol.11 彼とはもう終わり…?


「多佳子さん、インスタで俺の知り合いのこと探ってたの?…それって、ちょっと引くんだけど」

電話口の颯は、あきれたような口調で痛いところを突いてきた。

私のほかに、rinaのことも試合に招待していた颯。

彼女は、明らかに颯のことを狙っている。だが、日ごろ男ばかりの環境でサッカーに明け暮れているからか、はたまた女心に疎いからか、彼はそのことに気がついていないようだ。

だから、私は余計にやるせない気持ちになって、チクチクと嫌な言い方で彼を責めてしまった。

「どういう意味?インスタ見るのって、そんなにいけないこと?それにまず、私の質問に答えてよね」

「そのままの意味だよ!ていうかさ、多佳子さんだって、男友達と仲良くしてるんだから、別にいいでしょ」

さらに颯は、こう吐き捨てた。

「…今日は、もう話したくない」
「そう、私も。じゃあね」

― 気に入らないことがあると、すぐに放り出すんだから。こういうの、もう何回目だろう。私たち、もういい大人なのに…。

彼のことを初めて“面倒くさい”と思ってしまった私は、今回の件は自分から折れないと決心した。

そして、沈黙を貫くこと2週間。

その間、1度だけ颯からの着信があったけれど、仕事中で出られなかった。

2月末にはJリーグ、3月末にはプロ野球が開幕する。スポーツ部の記者である私は地方への出張が増え、一気に忙しくなったのだ。

多忙な日々のおかげか、颯やrinaのことで頭を悩ませる時間もグッと少なくなった。

ちょうどそのころ、私のもとにあるLINEが届く。

【私の年下くん】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo