抱かれた夜、抱かれなかった夜 Vol.3

松濤の高級住宅街から、ホテル街へと通う35歳セレブ妻。女が夫を裏切り続けるワケ

これは男と女の思惑が交差する、ある夜の物語だ。

デートの後、男の誘いに乗って一夜を共にした日。一方で、あえて抱かれなかった夜。

女たちはなぜ、その決断に至ったのだろうか。

実は男の前で“従順なフリ”をしていても、腹の底では全く別のことを考えているのだ。

彼女たちは今日も「こうやって口説かれ、抱かれたい…」と思いを巡らせていて…?

▶前回:西新宿のタワマンに住んでいるのに、毎回デートでホテルを取る彼氏。友人から「怪しい」と諭されて…


ケース3:ホテル街へと通う人妻・奥菜美保(35歳)


「いってらっしゃい…!」

黒のレクサスに乗りこんだ夫を見送り、私はスマホを開く。非表示に設定していたメッセージをオンにすると、部屋の掃除を始めた。

一通り家事が落ち着くと、プラダのフラットシューズに足を入れながらLINEを送る。

美保:今から向かうね

水曜日の昼下がり。数億円の家々が立ち並び、美術館や高級ブティック、レストランが軒をつらねる閑静な高級住宅街・松濤。

そんな街をウロウロと歩き回りながら、返信を待つ。すると右手に握りしめていたスマホが震えた。

佑希:304号室

たった一言のメッセージを見た瞬間、私は松濤文化村ストリートへと通じる路地を駆け出した。

通りを1本越えると、街の空気は一変する。文化村ストリートは、高級住宅街とホテル街を分かつ境界線なのだ。

人目を忍んで坂を登ると、紫やピンクのネオンに彩られた看板が見えてくる。リゾート風の建物が並ぶ様は、設計図なしに作られたテーマパークのようだ、といつも思う。

路地を一歩入ると、通りからはじき出されたかのような小さいホテルが、ひっそりとたたずんでいた。

背後に誰もいないことをうかがい、老婦人が居眠りしている受付をすり抜けてエレベーターに乗り込む。

経営者の夫と、小学1年生になる息子を持つ私が、なぜこんなところに来ているのか。それは、誰にも言えない“悩み”のせいだった。

【抱かれた夜、抱かれなかった夜】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo