シアワセの最適解~世帯年収3,600万の夫婦~ Vol.2

夫婦で300万円以上の住民税を納めても、認可外保育園しか入れず…。高所得サラリ―マンの現実

年収が上がるのに比例して、私たちはシアワセになれるのだろうか―?

ある調査によると、幸福度が最も高い年収・800万円(世帯年収1,600万円)までは満足度が上がっていくが、その後はゆるやかに逓減するという。

では実際のところ、どうなのか?

世帯年収3,600万の夫婦、外資系IT企業で働くケンタ(41)と日系金融機関で働く奈美(39)のリアルな生活を覗いてみよう。

◆これまでのあらすじ

念願かなって、2年前に代々木上原の億ションを購入したケンタと奈美。だがリモートワーク中にケンタはマンションの狭さに不満を持ち、引っ越しを提案してきて…。

▶前回:東京で億ションに住んでも、幸せからはほど遠い理由


Vol.2 高所得サラリーマンが、1番見たくない通知


「奈美、何しているの?映画に遅れるよ!」

朝9時のリビングに、ケンタの不機嫌な声が響く。

今日は有休を取って、久しぶりに夫婦2人で映画デートの予定だ。だが出発間際に会社からの着信履歴に気づき、奈美は慌てていた。

「ちょっと待って。会社から着信があって折り返すから」

ケンタに返事をし、慌ててかけ直す。

「お疲れさまです。すみません、お電話いただきまして……では、失礼します」

急ぎの用件ではあったものの大事ではなく、奈美はホッと胸をなでおろした。

「あー、ビックリした。お待たせ、行こういこう!」

「有休なのに何で会社から電話がくるわけ?“ワークライフバランス”って言葉知らないの?これだからドメは!」

そう言ったケンタは、先ほどからにらめっこしていた封筒をばさりとテーブルに置いた。何かよくない知らせなのか、やけに不機嫌である。

― いやいや、ケンタのほうが本社と時差があるから、休日・昼夜問わず仕事してるでしょ。その言葉、そのままお返しするわ!

そう思いながらも、今のケンタに反論するのは得策ではないと考え、奈美は話題を変えることにした。

「それより、楽しみだね!2人で映画見るなんていつぶりだろう?」

「最後に行ったのは翔平が生まれる前だから、3年ぶりじゃないの?」

― ケンタが落ち着いてから、何の通知か聞いてみよう。

奈美はそう思いながら、自宅マンション近くの駐車場へとケンタを促した。

【シアワセの最適解~世帯年収3,600万の夫婦~】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo