生まれながらに不平等 Vol.2

「年収1,000万って、東京では稼いでない層なの?」UNIQLOやZARAも着る男と、デートしてみたら…

人間は「生まれながらに平等」である。

これは近代社会における、人権の根本的な考え方だ。

だが一方で”親ガチャ”が話題になっているように、人間は親や生まれる場所、育つ環境を選べない。

事実、親の年収が高いほど、子どもの学力が高いこともデータ(※)によって証明済みだ。

私たちは生きていくうえで、多くの「生まれながらに不平等」な場面に遭遇してしまう。

中流家庭出身の損保OL・若林楓(27)も、東京の婚活市場で、不平等さを数多く実感することに…。

(※)お茶の水女子大「保護者に対する調査の結果と学力等との関係の専門的な分析に関する調査研究」

▶前回:婚活における“優良物件”のはずなのに、女から見切りをつけられたワケ


中の上サラリーマン家庭に育った、年収1,000万男


「よし、今日こそは…」

そう気合を入れて、私は待ち合わせ場所のカフェへと向かう。本日のデート相手は、テレビ局に勤める34歳の亮太さんだ。

先日食事会で出会った彼への期待値は、正直かなり高い。

なぜならテレビ局はコロナ禍でも給料が下がることはなく、不景気でも仕事はあると聞くからだ。会社が潰れないという安心感に加え、30代なら年収1,000万は確実なのもいい。

超安定していて優良企業であるテレビ局勤務の男。結婚するには最高ではないかと、私は思い始めていた。

「楓ちゃん」

待ち合わせのお店へ行くと、すでに亮太さんは着いていた。塩顔の爽やかなイケメンで、カジュアルな服装だけれどもセンスがいい。

「お待たせしました」
「いや、全然」

そして楽しいデートが始まった。だけど私は、気がついてしまったのだ。

「この東京で暮らすには、年収1,000万だと足りないのでは?」ということに…。

【生まれながらに不平等】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo