私の年下くん Vol.1

私の年下くん:年上との恋愛に疲れた33歳独身女。食事会で出会った男に意外な対応をされてしまい…

女にとって、経験豊富な年上男性は魅力的に映る。

だが、その魅力ゆえこだわりの強いタイプが多く、女は年を重ねていくうちに気づくのだ。

― 頑張って彼に合わせるの、もうしんどい…。

年上ばかり選んできた女が、自然体でいられる相手は一体どんなタイプの男なのだろうか?

これは、アラサー独身女がこれまでの恋愛観をアップデートする物語。


― うわ、肌が真っ赤!海の上って、こんなに日差しが強いんだ…。

クルーザーに揺られて東京湾のど真ん中にいる私は、必死になって日陰を探していた。

Aラインのマキシ丈ワンピースから露出した肩や背中もジンジンして、ちょっとしたヤケド状態だ。

麦わら帽子も、SPF50の日焼け止めも、初夏のギラギラとした日差しと海面の照り返しの前ではまったく役に立たない。

東京ゲートブリッジの近くを通り過ぎたばかりの船のデッキでは、このクルーザーの所有者でありIT関連会社社長の尊と、経営者の先輩たちが盛り上がっている。

釣りをしたり、シャンパンを飲んだり、とても楽しそうだ。

その輪の中心にいる尊は、40歳。私は33歳なので年上の彼氏だ。友達の紹介で知り合い、付き合って半年がたつ。

「次の休みは久しぶりにクルーザーを出すから、多佳子もおいで!僕がお世話になっている先輩たちに紹介するよ」

多趣味で仕事もバリバリこなす理想の彼氏が、そう提案をしてきてくれた。私は、2人の関係がオフィシャルなものになることを誇らしく思った。だから、気合を入れていろいろ準備してきたつもりだ。

ところが、いざ仕事の話に熱が入りだすと、私はすっかり蚊帳の外。

仕方ないか、と火照った体をクールダウンさせるために、クルーザーのデッキから客室に引っ込んだとき。

誰かが、後ろから肩を強くつかんできたのだ。

【私の年下くん】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo