高偏差値なオンナたち Vol.4

「私、なんでバイトしてるんだろう…」エリート街道から外れた女に、莫大な教育費を注いだ母が言った一言

高い偏差値を取って、いい大学へ進学する。

それは、この東京で成功するための最も安定したルートだ。

…あなたが、男である限り。

結婚や出産などさまざまな要因で人生を左右される女の人生では、高偏差値や高学歴は武器になることもあれば、枷になることもある。

幸福と苦悩。成功と失敗。正解と不正解。そして、勝利と敗北。

”偏差値”という呪いに囚われた女たちは、学生時代を終えて大人になった今も…もがき続けているのだ。

▶前回:偏差値70の進学校で”底辺”だった女。1流大を出た同級生に「なんで来たの?」と同窓会でマウントされて…


File4. 紀子(25)
音楽への純粋な思い


「やっと、この舞台に立てる日がきたわ」

紀子は、初めてオーディションに受かったミュージカルの初日を迎えていた。

何度も読み込んだ台本は、他の出演者の誰よりもくたびれている。

― 観客から見たら、私はただの端役の1人にすぎないかもしれない。それでも、私はこの役を精一杯、心を込めて演じてみせる…。

そう決意を新たにした紀子は、くたびれた台本を前に今までの自分を振り返っていた。



教育熱心な家庭に育ち、数多くの習い事に捧げた幼少期。

それらの習い事の中でも、紀子はとりわけピアノが大好きだった。

多くの子供と異なり、練習を嫌がるどころか自ら毎日ピアノに向かうような女の子だったのだ。

中学生の時には、ピアノに加えて声楽の勉強も始めた。「表現する」ことの奥深さ・面白さに目覚め、自分の将来について既にこう決めていた。

「私は、将来は絶対に音楽の道に進みたい!ミュージカル女優として、様々な人間を表現するようになりたい!」

その紀子の夢を知ったピアノ講師からは、当然のように音大付属高校への進学を勧められた。

しかし、音楽のみならず主要教科でも学年トップの成績を誇っていた紀子は、こうも思ったのだ。

― 早い段階から、自分の可能性を狭めない方がいいのかも…。

高偏差値であるがゆえの、迷い。その迷いに流されて、紀子は普通科の進学校に進んだのだった。



入学した高校は偏差値70を超え、もちろん進学率100%。ほぼ全員が国立早慶を目指すような進学校だった。

しかし、高校入学前から「音楽の道に進む」という夢があった紀子は、主要教科の勉強には適度に励みながらも、音楽の勉強を最優先とする日々を送っていた。

そして迎えた、3年次の進路面談。

「志望大学は?」と聞く担任教師に対して、ついに決意を固めた紀子は意気揚々とこう伝えるのだった。

「私は音楽、特に声楽の道に進みたいと考えています。ですので、東京芸大音楽学部を第一志望校として、国立音大や武蔵野音大を併願します」

だが、それを聞いた担任教師からの反応は、紀子の予想を裏切るものだった。

【高偏差値なオンナたち】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo