マンスプ男 Vol.4

妻が仕事でいない昼間、在宅ワークと称して男がコッソリ家でしていたコトとは

「妻が輝いていることが、僕の喜びです」

令和の東京。妻に理解のある夫が増えている。

この物語の主人公・圭太もそのうちの1人。

・・・が、それは果たして、男の本心なのだろうか?

元来男は、マンスプレイニングをしがちな生き物だ。

高年収の妻を支える夫・圭太を通じて、東京に生きる『価値観アップデート男』の正体を暴いていく。

(マンスプ=マンスプレイニングとは、man+explainで上から目線で女性に説明するの意味)

◆これまでのあらすじ

大手商社を退職した藤堂圭太(34)は結婚1年目。家事全般を担当し、自分より年収のある経営者の妻・香織(36)を支えていた。

しかし世間知らずの女子大生・未久(21)がOB訪問してきたことがきっかけで、圭太は生活のペースを乱し始める…。

▶前回:「なぜ妻が男とホテルに…?」14時の大手町で夫が見てしまった、女の裏の顔


いつもの水曜日。

香織を仕事に送り出し、洗濯機を回している間に朝食の皿洗いを終えた。洗濯が終わるとバスタオルは乾燥機にかけ、それ以外の物は乾燥機能の付いた浴室に干す、というルーティンワークをこなす。

しかし、いつもと違うのは、10時に未久とZoomをつないだことだ。

パソコン画面の中で、未久がはしゃいでいる。

「見てください。このインタビュー記事!」

画面越しに未久が見せつけてきたのは、2年前の経済雑誌で香織がインタビューを受けているものだ。

「フリマサイトで見つけてすぐに買いました。香織さんって、ホントかっこいいですよね。考え方とか生き方とか、かっこ良すぎます」

真野聡介の毒牙から守ってくれた香織に憧れを抱いた彼女は、1週間も経たないうちに“清水香織のファン”になっていた。

ちなみに「清水」というのは香織の旧姓だ。

結婚後の姓を選択するとき、香織は僕の姓である「藤堂」に変更することを望んだ。仕事とプライベートで名前を分けたかったらしい。

「僕の妻がかっこいいことは、僕が一番よくわかってるよ」

「ですよね。藤堂さんの奥様ですもんね」

調子良く未久は言った。

「それで今日の用件は?相談があるってLINEで言ってたよね?」

僕が問いかけると、未久は一瞬にして暗い顔になる。

「はい、そのことなんですけど…」

【マンスプ男】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo