今はもう、なんでもないから Vol.6

「コロナ禍の挙式は諦めて入籍だけにする」彼の発言に義母が話した残酷すぎる本音

あなたは恋人に、こう言ったことがあるだろうか?

「元カレとはもう、なんでもないから」

大人に”過去”はつきものだ。経験した恋愛の数だけ、過去の恋人が存在する。

だから多くの人は、1つの恋を終わらせるごとに、その相手との関係を断ち切っているだろう。

しかし “東京のアッパー層”というごく狭い世界では、恋が終わった相手とも、形を変えて関係が続いていく。

「今はもう、なんでもないから」という言葉とともに…。

◆これまでのあらすじ

婚約中の千秋と健作。しかし、2人と同じ会社に転職してきた雛乃は、健作の中高時代の元カノだった。

健作の過去にはいつも雛乃がいることに苦しむ千秋だったが、雛乃にはほかに好きな人がいることが判明し、気持ちが楽になる。

「健作とは、今はただの親友」という雛乃の言葉を信じ、2人の友情を見守ることに決めた千秋だったが…。

▶前回:婚約者の元カノから「話がある」と呼び出し。話し合いの結果、2人で決めた“ルール”とは


テラス席を吹き抜ける風は、いつの間にかすっかり秋の気配を感じられる。

白金台にあるカフェで9月のそよ風を楽しむ私に、向かいに座る和香がしんみりとした表情で言った。

「千秋、残念だね…。気持ちは大丈夫?」

和香が言っているのは、私の結婚式のことだ。

今年の夏にハワイで行う予定だった式を、とりあえず1年延期にしていたけれど…。今の状況から考えると、2021年の夏のハワイ挙式も現実的ではないだろう。

だから、健作としっかり話し合って、式は挙げないことにした。

今日はそのことを伝えるために、由香ちゃんの体操教室を待つ和香をお茶に誘ったのだった。

「心配してくれてありがとう。なんかね、心のどこかでは諦めもついてたみたいで、意外と元気だよ」

その言葉に嘘はない。まだワクチンも実用化されていない今の段階で海外挙式が叶いそうにないことは、いつそれを認めるかというだけの話だった。

それに…。意外なほど気落ちせずに済んでいるのには、もう1つ大きな理由がある。

私はコーヒーを一口飲むと、和香の方に向き直った。

「それで、実はね…」

【今はもう、なんでもないから】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo