今はもう、なんでもないから Vol.5

「話がある」と彼氏の元カノから呼び出され…。疑心暗鬼の女が提案した“意外なルール”とは?

あなたは恋人に、こう言ったことがあるだろうか?

「元カレとはもう、なんでもないから」

大人に”過去”はつきものだ。経験した恋愛の数だけ、過去の恋人が存在する。

だから多くの人は、1つの恋を終わらせるごとに、その相手との関係を断ち切っているだろう。

しかし “東京のアッパー層”というごく狭い世界では、恋が終わった相手とも、形を変えて関係が続いていく。

「今はもう、なんでもないから」という言葉とともに…。

◆これまでのあらすじ

彼氏の健作と社内恋愛中の千秋。そこで転職してきた雛乃は、健作の中学時代からの幼馴染であり、7年間も付き合っていた元カノだった。

「私立一貫校の内部生あるある」だと言いながら、別れても友達として付き合い続ける健作と雛乃。

モヤモヤするあまり会社で雛乃を避けた千秋だったが、彼女に「話がある」と呼び止められ…。

▶前回:結婚式の打ち合わせに、なぜか“彼氏の元カノ”がやって来た。そこで彼の過去を暴露し始めて…?


人気がまばらなオフィスで、雛乃ちゃんはエレベーターホールへと続くドアをしっかりと背中で押さえながら、厳しい声で言った。

「行かないでください。私、千秋さんに話があるんです」

いつもニコニコと柔らかく微笑んでいる雛乃ちゃんの目が、突き刺すように鋭く私を見つめている。

......


【今はもう、なんでもないから】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo