オトナな男 Vol.2

「もう帰りたい…」自慢話ばかりする男からのデートの誘いに、女が乗った理由とは

女には少なからず人生に一度、“大人の男”に恋する瞬間がある。

特に20代前半、社会人になりたての頃。

ヒヨコが生まれて初めて見たものを親だと思うように、先輩や上司に恋焦がれ、社内恋愛にハマる女性は多い。

だが場合によっては、その先にはとんでもない闇が待っている場合も…なくはないのだ。

◆これまでのあらすじ

関西に彼氏を残し、東京に飛び出して来た咲希。渋谷にある、人材派遣会社で働きだす。

新卒として働き始めたばかりの忙しい日々の中にも充実感を見出だし始めた頃、彼氏である悠からの連絡の頻度が減っていることに気がつく。

そんな中咲希は、同僚の海斗から食事に誘われるのだった。


―まだ返ってこない…。

飲み会終わり、咲希は少しの酔いを頭に抱えながら、渋谷からの最終電車に揺られていた。汗とお酒の匂いがする車内で、悠とのLINEでのやり取りを必死に遡る。

悠からの連絡の頻度が極端に減ったのは、ここ数週間のことだった。咲希のメッセージに対して、意味のあるようで無いスタンプだけが返ってきている。悠から送られてくるクマのスタンプは楽しげで、咲希のあせる気持ちなんて知る由もない。

考えるのはやめよう、そう思いスマホをポケットにしまう。

電車はいつの間にか地下を抜け、二子玉川の上を走っていた。真っ黒な川を窓越しに眺めていると、急に眠気がやってきた。意識がふんわりしてきた頃、ポケットでスマホが震えた。

―悠!

それまで咲希を覆っていた眠気は吹き飛ぶ。

慌ててスマホを取り出したが、咲希は画面を見るのを一瞬ためらった。悠のメッセージなら、見るのがなんとなく惜しい。それから悠じゃなかった時に、がっかりしないための準備だ。

吉沢圭太:今日はお疲れ様でした。気をつけて。

通知画面に表示されていたのは、悠からのものではなかった。しかし、圭太からの突然のメッセージに、残念な気持ちは、どこかへ行ってしまっていた。

圭太とはこれまでに社内でメールのやり取りはあったものの、個人的にLINEでメッセージが来たことはなかった。

咲希は、戸惑い半分、喜び半分でメッセージ画面を開く。

だが表示された画面を見て、自虐的に笑った。圭太からのメッセージは、咲希個人に宛てられたものではなく、先ほどの飲み会のメンバーのグループチャット内のものだった。

咲希は、ついさっきまで抱いていた自分の気持ちを恥ずかしく思う。顔を上げ電車の窓に映る自分を、思い切り鼻で笑ってやった。

すると、またスマホが震えた。

次は悠からのメッセージであったが、相変わらずクマが変な顔をしているだけだった。

【オトナな男】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo