高偏差値なオンナたち Vol.1

高偏差値なオンナたち:自分よりも低学歴な夫が海外駐在に。復職断念を迫られた妻は、口が滑って…

高い偏差値を取って、いい大学へ進学する。

それは、この東京で成功するための最も安定したルートだ。

…あなたが、男である限り。

結婚や出産などさまざまな要因で人生を左右される女の人生では、高偏差値や高学歴は武器になることもあれば、枷になることもある。

幸福と苦悩。成功と失敗。正解と不正解。そして、勝利と敗北。

”偏差値”という呪いに囚われた女たちは、学生時代を終えて大人になった今も…もがき続けているのだ。


File1. 亜由美(30)
早く仕事したい…亜由美が待ち望む復職の日


「一体、こんな日がいつまで続くんだろう…」

育休中、亜由美は毎日こう思いながら、1歳になる娘の結衣と過ごしていた。

朝はEテレの幼児番組を見て、天気がよければ公園に遊びに出かける。その後は昼食をとり、結衣のお昼寝タイムには溜まった家事と離乳食作り。

結衣がお昼寝から目覚めたらおやつを食べさせて、その後は児童館や図書館に行く。

結衣を遊ばせながら、その場にいるママ友と当たり障りのない会話をして、スーパーで買い物して帰宅。その後、夕食を作りお風呂に入れて寝かしつけ…

恐ろしいくらいに、毎日が同じようなスケジュールだ。

妊娠前によく着ていたセオリーのスーツも、長い髪を巻くためのヘアビューロンも今は全く用がない。

セルジオ ロッシのピンヒールの代わりにスニーカーを履く毎日は、あまりに退屈で刺激がなく、亜由美は心底うんざりしていたのだった。

そんな亜由美の、たった一つの希望。

それは、もうすぐ申し込みが始まる保育園を確保して娘を預け、時短でも職場に復帰することだった。

「こんな生活ももう少しの辛抱よ!あと数ヶ月で育休が明ける。そうしたらバリバリ働くんだから!」

独り言のように呟きながら、夕飯の準備に取り掛かる。

― 私が復職したら、直樹にも離乳食を作ってもらえるように作り方教えておかなきゃ。あと、日用品のリストも作っておいて、切れても直樹がすぐにネットで買えるようにしておこうっと!

復職後のプランを頭に思い描きながら、ハンバーグを焼きはじめた、その時。

玄関の鍵がガチャっと開く音がした。

「直樹、おかえり!ほら、結衣ちゃん。パパ帰ってきたよー」

いつも通りに直樹を出迎えるが、帰宅した直樹の顔は、普段に比べて明らかにこわばっていた。

― なんか様子が変だなぁ。どうしたのかしら?

そう思いながらも、亜由美はできたばかりの夕食をダイニングテーブルに並べた。

離乳食もトレイに並べ、まず先に結衣の食事を終わらせる。

そして、亜由美がやっと残りの自分の食事に手をつけようとすると…直樹が言いにくそうに口を開いたのだ。

「あのさ、話がある…」

【高偏差値なオンナたち】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo