恋愛クラッシャーな女たち Vol.4

付き合いだしてから、たった2ヶ月で「この子ナイかも…」と思われてしまった、女の行為

ようやく付き合えた彼から、別れを切り出されてしまった女たち。

「私は別れたくないのに、どうして…?」

彼氏に夢中になる女のなかには、自らの行動で関係を壊してしまう“恋愛クラッシャー”が存在する。

では彼女たちの何が原因で、この恋はクラッシュしてしまったのだろうか?

▶前回:交際半年の彼に、1枚の紙切れを手渡した女。書かれていた内容を見た男は、態度を豹変させ…?


今回の悩める女子:君島芹佳(27歳・秘書)


「最近、全然デートしてないなあ…」

私はスケジュール帳をパラパラとめくりながら、ため息をつく。

仕事の日は水色で、習い事や友達との予定は黄色。そしてデートはピンクに。予定に合わせ、色分けして書き込むのが私のルールだった。

こうすれば過去、自分がどんなふうに過ごしてきたのかが一目瞭然だからだ。とはいっても、ここ数ヶ月は水色ばかりで、どこか寒々しい。

ところどころに黄色はあるけれど、パッと心が華やぐピンクはゼロだ。

前の彼氏と別れてから、もうすぐ2年。

「芹佳が忙しすぎるから」と、浮気をした挙句あっさりと去っていった元カレには、ずっとムカついていた。

― だけど、きっとまたいい出会いがある!うん、絶対に。

そう思って気持ちを切り替えた私は、前から習っていたヨガやピラティスのほかに、ボルダリングやキックボクシングのジムに通って、引き締まった体を手に入れた。

料理教室にも入会したし、ナチュラルフードの資格も取ったのだ。

自分をアップデートするために、苦手だったアウトドアにもチャレンジしたら大好きになった。こうして私は、次の恋に備えて過ごしてきたのである。

けれど、突如として世の中が変わってしまった。

最近は自粛生活にも慣れてきたものの、自分磨きの成果を披露する出会いの場は、全くと言っていいほどない。

― せっかく今が、いちばんキレイなのに。

そこで私は“あること”にもチャレンジしてみようと、決意したのだ。

【恋愛クラッシャーな女たち】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo