今はもう、なんでもないから Vol.1

今はもう、なんでもないから:社内恋愛を告白した女。直後、後輩女子が見せた反応に…?

あなたは恋人に、こう言ったことがあるだろうか?

「元カレとはもう、なんでもないから」

大人に“過去”はつきものだ。経験した恋愛の数だけ、過去の恋人が存在する。

だから多くの人は、1つの恋を終わらせるごとに、その相手との関係を断ち切っているだろう。

しかし“東京のアッパー層”というごく狭い世界では、恋が終わった相手とも、形を変えて関係が続いていく。

「今はもう、なんでもないから」という言葉とともに…。


2020年8月


11階へと向かうヒカリエのエレベーターの中は、私と健作の2人きりだった。

「ねえ、千秋さん。今だけマスク取ってもいい?」

彼はそう言うと、私がうなずくのを待ってブルーの不織布マスクをそっと外す。

「前はオフィスでも毎日会えてたのに、今はこうして健作が目の前にいるのが夢みたい」

少し照れながら言うと、彼も同意するように微笑む。そして私のマスクを素早くずらすと、右手でそっと頬を撫でてくれた。

― もっとこうしてたいな…。

うっとりとそんなふうに考えていたのも束の間。エレベーターの機械的な到着アナウンスが鳴るのと同時に、私たちは慌てて体を離す。

到着したシアターオーブ前の広場は、昨年までは考えられなかったほどガランとしている。

誰にも見られていないとわかりつつも、お互いに照れ笑いを浮かべるこの時間が、夢みたいに幸せだった。

ネットサービス会社に転職して、この夏で2年。

2歳下の健作とは同僚として出会ってすぐに交際が始まったため、付き合いも同じく2年になるけれど…。彼の優しい瞳は、いまだに出会った頃と同じように私をときめかせる。

『THE THEATRE TABLE』に併設されているコーヒースタンドで、ホットサンドとカフェラテのテイクアウトを注文する。

そして今が勤務時間中の昼休みであることも忘れて、私は健作に甘えた声を出した。

「ねえ、健作。今年は断念したけどさ…。来年の2021年には、ハワイで挙式できるかなぁ?私、来年はもう32歳になっちゃうよ」

【今はもう、なんでもないから】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo