キッチン・マン Vol.1

キッチン・マン:料理をインスタ投稿する女が気付かない、男子がチェックする意外なポイント

モテる男は料理ができる?

近頃、「料理に目覚める男子」が増えてきている。

外資系IT企業で働く大智(だいち)は、食事はもっぱら外食かUber Eatsのズボラ男子。

だが、遠距離片思い中のスミレの気を引きたくて料理を始める。

ステキ料理男子ができあがるまでの料理と恋のストーリー。


-2019年の5月末

「スミレです。今は転勤で山形に住んでいますが、時々出張で東京にも来てます。よろしくお願いします」

食事会で彼女が自己紹介をした時、笑った時に見える白い歯が印象的な、爽やかな子だと思った。

2人は共通の趣味であるキャンプの話で盛り上がり、帰り際に連絡先を交換した。



大智(だいち)は外資系IT企業に転職して2年目だ。前職の日系IT企業時代よりも給料が上がり、仕事の裁量も大きくなりそれなりに充実した日々を送っている。

食事会から3週間後の土曜日の昼下がり。大智はリビングのソファーで寝転びながら、LINEの画面とにらめっこしていた。スミレは新聞記者で、仕事時間が変則的だから返信のタイミングもまちまちだ。

ーLINEだけのやり取りだと話題がなくなってきたな…。

お手洗いに行こうと立ち上がると、床に脱ぎ散らかした服や靴下が目に入る。

ーそろそろ洗濯するか。あぁ、家事ってめんどくさいな。

社会人になってから一人暮らしを始めて早6年。「代々木公園の近くに住んでる」と言うと丁寧な暮らしをしてそうとよく言われるが、実際はズボラな生活を送っている。

せっかく買ったルンバは床に物を置きっぱなしにするせいで、部屋の片隅で置物になっている。

一時ミニマリストに憧れて、何もない部屋を目指し片付けに没頭していたが、気がつけば元通りになっていた。

半年前まで付き合っていた彼女とは、このズボラさに愛想をつかされ別れることになったようなものだ。

この記事へのコメント

Pencilコメントする
No Name
今までとは違う感じのテーマで面白そう❗️
遠距離恋愛も、お料理に目覚める男子もとても新鮮。
結婚が目的の女性や、クズ男の話はもう読み飽きちゃったから、この連載楽しくなりそう。
2020/05/22 05:1999+返信3件
No Name
大智は良い友達持ったね😊
そう、料理って始めたらハマります、そして続けていくと確実に腕も技術も味付けもうまくなります。料理男子歴20年近い僕が保証します(勿論続けていければ、の話ですが)。
だから是非頑張ってほしい。
2020/05/22 05:2387返信1件
エンジニア
女性が山形の新聞記者、男性が女性にばかり料理のスキルを求めるのではなく、自分も努力する、共通の趣味がキャンプ…東カレ小説には今までなかった要素ばかりで面白そうです。
おこもり生活を楽しめるような知恵もあれば真似したいです。

にしても、話の本筋ではない煽り系見出し、ワンパターンではありますが、だんだん東カレ編集者の才能に見えてきました(笑)
2020/05/22 06:1869
No Name
単純に料理ができない男子よりもできる男子のほうがかっこいい。こだわりすぎなくてもいいけど、キャンプとかでちゃちゃっと手際いいとポイント高い!ストーブの鍋とか使いこなすような人とか。めっちゃおいしいコーヒーを入れてくれる人とかね。
2020/05/22 05:2733返信2件
No Name
面白そうな連載始まった。確かに大きな公園の周りに住んでいる人って丁寧な暮らしをしてそうなイメージある!最近家にいる時間が多くて自炊をするようになったから気になるなー。
2020/05/22 05:1321
もっと見る ( 45 件 )

【キッチン・マン】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo