アイ・ニード・モア〜外資系オンナの欲望〜 Vol.7

「時短で楽してるくせに」ワーママを目の敵にするキャリア重視の女が、不本意な業務を割り振られ…

キャリアが欲しい。名声を得たい。今よりもっとレベルアップしたい。

尽きることのない欲望は、競争の激しい外資系企業のオンナたちに必要不可欠なもの。

しかし、ひとつ扱いを間違えると身を滅ぼしかねないのも、また欲望の持つ一面なのだ。

貪欲に高みを目指す、ハイスペックな外資系オンナたち。

その強さと、身を灼くほどの上昇志向を、あなたは今日目撃する──

▶前回:「周りに羨ましがられる存在になる」―その価値観のみで生きてきた女の誤算

File7. 千夏(33)外資系コンサルティング会社

「女性活躍推進」が嫌いな外資系女子の試練とは


「何で私がこんなのにアサインされなきゃいけないのよ!」

外資系コンサルティング会社でマネージャーとして勤務する千夏は、上司のパートナーからのある打診に、鬱屈とした気持ちを抱えていた。

「こんなの」とは、社内で推進している「女性活躍推進プロジェクト」だ。

千夏に、女性......


この記事へのコメント

Pencilコメントする
No Name
やっぱり見てる人は見てるって事ね。思いがけない昇進は嬉しいよ〜。
2021/08/31 05:2799+返信1件
No Name
コロナ禍で保育所や老人デイサービスが閉鎖される度、多くの女性は仕事に支障をきたしています。世界的にも多かれ少なかれ女性は収入に直結しない労働を期待されています。そして現役時代ので収入格差はそのまま年金へも連動です。一般的に女性は男性と比べると収入を得にくいものだと感じます。
2021/08/31 06:1984
No Name
先週の予告が「女性活躍推進を都合よく捉えるワーママの末路」とあったから権利を主張してばかりで仕事をしない偉そうでワガママなワーママに天誅が下る話かと思ったら全然違う。
そもそも千夏には子供がいないからワーママでもないし、なんか良い話風にまとまってるけど予告詐欺が過ぎる。
2021/08/31 06:1147
No Name
業種は違うけど、部下のワーママたちを正直面倒くさいと思っていた昔の自分を見ているようでした。
恥ずかしながら私の場合、気づいたのは自分の出産後だったけど。そして今感じるのは、子なしや親に子ども預けて活躍する女性より、子どものいる男性のほうが育児との両立に理解がある人が多いということ。
2021/08/31 06:5144返信4件
No Name
素敵な話だったなって素直に思うのですが、コメント、話の本筋とは別のところで意地悪なコメント多い…
2021/08/31 08:4424返信1件
もっと見る ( 57 件 )

【アイ・ニード・モア〜外資系オンナの欲望〜】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo