29歳のヒエラルキー Vol.7

彼とお泊まりしたかったのに、2軒目もナシで帰らされた女。解散の直後に彼から届いたLINEとは

29歳。

それは、女にとっての変革の時。

「かわいい」だけで頂点に君臨できた女のヒエラルキーに、革命が起きる時──

恋愛市場で思うがままに勝利してきた梨香子は、29歳の今、それを痛感することになる。

ずっと見下していた女に、まさか追いつかれる日が来るなんて。

追い越される日が来るなんて。

◆これまでのあらすじ

飲み会で出会った豪に狙いを定め、正々堂々勝負しようと誓う梨香子と絢。その直後、梨香子は恋人の光平が女性と楽しそうに歩いているところを目撃しショックを受けるものの、そのショックが後押しとなり豪へアタックを開始するのだった。

▶前回:彼氏がいても、”もっと上”を探してる。罪悪感ナシだった女がタクシーから目撃した、信じられない光景


―2019年7月―

<Go:おはよー!今日も1日頑張ろー>

朝目覚め、目当ての男からの新着LINEを見ると、それだけで良い1日になる気がする。

女は単純だと、我ながら思う。

飲み会が終わってすぐ、私は豪さんに連絡をした。それから1週間、他愛もない会話がなんとなく続いた。

けれど、一向に食事に誘われる気配がない。どんな仕事をしているかとか、好きな映画は何かとか、そんな話ばかり。

しびれを切らした私は、つい自分から食事に誘ってしまったのだが、案外あっさりOKをもらえた。

ついに明日、2人で食事に行く。

<梨香子:今日も頑張りましょう~!明日、お会いできるの楽しみです♪>

基本的には、いつもは待ちのスタンス。放っておいても、LINEもデートも向こうから誘いがくるから。

けれど、豪さんに対しては違う。自分からアクションを起こす価値があると思った。

…少なくとも、このときは。

【29歳のヒエラルキー】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo