#美ごもり Vol.1

#美ごもり:「私って、彼の何なの?」割り切った関係に疲れた女が求めたモノとは

―2021年。

ステイホームの時間が増えたいま、 東京にいる男女の生活は大きく変わった。

その中でも華やかな生活を送っていたインスタグラマーたちが、こぞって夢中になったのが「#おうち美容」。

外からも内からも自分と向き合い「美ごもり」生活を送った人々には、いったいどんな変化があったのだろうか?

1つのアイテムが、人生を変えることもある。

東京で「#美ごもり」生活を送る人々の姿を、覗いてみよう。

今回はネイルをやめた女・愛美 (28)の話。


マツエクもネイルも完璧な女・愛美(28)


土曜日の17時。

髪を巻き、久しぶりにちゃんとファンデーションも塗って出かける準備をしていると、俊介から電話があった。

「愛美ごめん。やっぱり今夜、キャンセルでいい?ちょっと疲れちゃって」
「え?」

途中までメイクをした自分の顔を、思わず鏡で見つめる。さっき、アイラインを丁寧に引いたばかりだ。

「でもさ俊介。今夜は前から、出かける約束してたよね?」
「ゴルフ行ったら疲れた」
「そっか…。わかった」

ここ最近、私は毎日ソワソワしている。

ここ数ヶ月、俊介との約束はいつもこんな感じになる。当日に予定を決めたり、今日みたいに約束をしていてもドタキャンになることが多い。

正直、彼の返信や一挙一動に振り回されている感は否めなかった。

それなのに、強く言えない自分がいる。

なぜなら俊介とは頻繁に会うし、お互いの家で泊まりあう仲だけど、付き合っているかはっきりしない、微妙な関係だからだ。

一度「私たちの関係って何?」と聞いたことがあるが、うまいことはぐらかされた。それ以来、関係性が壊れるのが嫌で、聞けなくなってしまったのだ。

「私って、なんなんだろう…」

ため息をつくと同時にぎゅっと拳を握る。そのとき左薬指のネイルの先端が割れていることに気づいた。

【#美ごもり】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo