土日に会えない男 Vol.2

「信用できると思ったのに…」初めてお泊りした2日後、急に音信不通になる男の本性

平日は全力で働き、週末は恋人と甘い時間を過ごす。

それが東京で生きる女たちの姿だろう。

でも恋人と、“週末”に会えないとわかると、「いったい何をしているの?」と疑心暗鬼になる女たち。

これは、土日に会えない男と、そんな男に恋した女のストーリー。

◆これまでのあらすじ

美加(28)は、ホームパーティーで脚本家の海斗(32)と出会う。2人の距離は一気に縮まるが、土日になると急に連絡がとれなくなった…。

▶前回:「既読にすらならない…」急に音信不通になる男に恋した、28歳女の苦悩


2nd week 「言い訳」

―月曜日―


先週は、あまりにも寒暖差の激しい1週間だった。

気温の話ではない。美加のハートの話だ。

月曜に海斗と出会い、金曜にかけて急速に温まった美加の恋心は、土日を迎えてドスンと冷え込んだ。

時間を忘れるほどに楽しかった金曜夜のドライブデート…までは、よかった。楽しかった。幸せだった。

が、その後突然、海斗と連絡が取れなくなり、60時間以上が経過している。

― で、今日はもう月曜なんだけど?

金曜夜のデート直後に送った『土日はやっぱりお仕事ですか?』というLINEも、いまだ既読がつかない。

脚本家の海斗は、「土日は、ほとんど仕事をしている」とたしかに言っていた。

― でも、返信ぐらいできるでしょ?せめて既読ぐらいはつけてよ…。

気が晴れないまま、デザイナーとのオンラインミーティングに参加していたとき、突然、海斗から返信があった。

『LINEに気がつかなくてゴメンナサイ。電話できるタイミングありますか?』

― いまさら、なによ。

最初に感じたのは「憤り」。でも、次の瞬間「生きてて良かった」と美加は安堵した。

夜になって仕事が落ち着くと、美加は海斗と電話した。

「月曜の朝が、脚本提出の締め切りだったんです。締め切り前は、あらゆる連絡を断ち切って執筆に集中するので…」

要約すると、海斗はそんな“言い訳”をした。

【土日に会えない男】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo