リバーシ~光と闇の攻防~ Vol.7

「嫌なこと、全部忘れられる…」密偵の罪悪感に苛まれた女の、危険な現実逃避

東京の平凡な女は、夢見ている。

誰かが、自分の隠された才能を見抜き、抜擢してくれる。

誰かが、自分の価値に気がついて、贅沢をさせてくれる。

でも考えてみよう。

どうして男は、あえて「彼女」を選んだのだろう?

やがて男の闇に、女の人生はじわじわと侵食されていく。

欲にまみれた男の闇に、ご用心。

◆これまでのあらすじ

友人・ひかりから、黒川の裏の顔を告げられた秋帆。「やはり」という気持ちと、信じられない気持ちが交錯する。だが、黒川の要求はエスカレートし…。

▶前回:上司の歪んだ寵愛に溺れた女。不意に知らされた、衝撃の「男の裏の顔」


「今回のリスト。よろしく」

出勤した黒川は、秋帆のデスクの横を通りながら書類を置いた。

― またか…。

周囲に見られぬよう、秋帆は急いで書類を引き出しにしまう。

相変わらず、会社、いや黒川にとっての不穏分子を内密に調査する業務は続いていた。

最近は、わざ......


【リバーシ~光と闇の攻防~】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo