夫婦、2人。 Vol.9

「ごめんなさい…」何度も夫に謝りながら泣きじゃくる妻。その予想外の本心とは

結婚しても子どもを持たないという選択は、もう特別なものでもない。

“2人”が、家族のかたち。

明るい未来を信じて、そう決断する夫婦も多い。

それでも…悪気のないプレッシャーや、風当たりの強さに、気持ちがかき乱されることがある。

これは、3人の女が「夫婦、2人で生きていく」と決めるまでの、

選択と、葛藤と、幸せの物語。

◆これまでのあらすじ

28歳新婚にして“子どもは作らない”と決意した美菜。そして、夫婦の再構築に向かう35歳の真琴。そして43歳の藍子はいよいよ決断する。

▶前回:「君を抱かなくなった理由は…」不倫夫が打ち明けた、むちゃくちゃすぎる言い分


「不妊治療は、これで終わりにします」

マイナスが表示された検査薬の前で、藍子はきっぱりと告げた。

カルテから顔を上げた医師は息を飲む。

「本当に良いんですか?」

「はい。もう43歳ですし、ここで区切りをつけます」

「…そうですか。力が及ばず申し訳ありませ......


この記事へのコメント

Pencilコメントする
No Name
藍子さんと淳之介さん、すごくかっこいい大人ですね
最近の東カレの登場人物の中で一番好感度が高いです❗️
2021/05/19 05:1399+返信1件
No Name
不妊治療やめたりお休みしたら授かった
みたいな人も多いからもしかして…?
人の幸せを心から喜べる藍子素敵🥺
2021/05/19 05:1399+返信4件
No Name
出来てたら嬉しいけど、病気はやめてね。ライターさん。
2021/05/19 05:1492返信1件
No Name
不妊治療を諦めた矢先に同僚の子の妊娠を知るのは本当に複雑な気持ちだったと思うし、嬉しい気持ちよりもうらやましい気持ちの方が先に来てしまうこともありますよね…
藍子さんの人柄の良さに、温かい気持ちになりました。旦那様も協力的でステキですね!
2021/05/19 06:2973返信3件
No Name
藍子さんと淳之介さんのような精神的に落ち着いた夫婦に子どもを授かって欲しい。他人の喜びを自分のことのように喜べるのは素敵なこと。
「渋谷物語」で、花嫁の悪口を言う女友達の描写があったから、特にそう思う。
2021/05/19 05:3150
もっと見る ( 31 件 )

【夫婦、2人。】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo