夫婦、2人。 Vol.8

「君に触れなくなった理由は…」若い女に惚れ込んだ夫が打ち明けた、むちゃくちゃすぎる言い分

結婚しても子どもを持たないという選択は、もう特別なものでもない。

“2人”が、家族のかたち。

明るい未来を信じて、そう決断する夫婦も多い。

それでも…悪気のないプレッシャーや、風当たりの強さに、気持ちがかき乱されることがある。

これは、3人の女が「夫婦、2人で生きていく」と決めるまでの、

選択と、葛藤と、幸せの物語。

◆これまでのあらすじ

夫の浮気の証拠をおさえるために、興信所に調査を依頼した真琴。すぐに手に入った証拠写真を自宅に残し、真琴は荷物をまとめて実家へ帰った。そこについに夫が訪ねて来て…

▶前回:「私、お母さんに孫を見せられない」母に本音を語り涙する35歳女の絶望


“夫婦間のプライバシー”に関する答えはない。

お互い一切の交友関係に口出ししない夫婦もいれば、スマホを見ることさえ許しあっている夫婦もいる。

正解がない以上、それぞれの夫婦2人が、お互いの意見をぶつけ合い、話し合い、すり合わせて同じ価値観を見出すほかないのだ。

「俺......


この記事へのコメント

Pencilコメントする
No Name
不倫してる罪悪感で、奥さんに触れるのが怖くなったって?
それはさすがに笑うわ。無理あり過ぎる!
2021/05/12 05:2799+返信6件
No Name
愛してるのに不倫する謎😇
私なら不倫相手に慰謝料請求したり
樹にこんなに優しくできないだろうから
真琴すごいなって思う
でも一生許さないだろうしフラバしてもちゃんと向き合って欲しいな樹
2021/05/12 05:1679
No Name
樹、キャラ変わりすぎ。真琴から離婚を切り出される可能性を考えたことが無かったんだろうね。本当に亜里沙と別れたのか怪しいけれど、再構築に向かって歩きだすのは悪くないかも。

「不倫相手に、慰謝料を請求したいんだけど」
と、不倫をしていた配偶者に言った時の反応で、真実は分かるそうですね。不倫相手を庇うような発言をしたら、未練があったり継続中の可能性が高いそうです。
2021/05/12 05:1672返信9件
No Name
2人で乗り越えていって欲しいと思う!
ただ人ってそう簡単には変われないし、特に浮気癖は一生治らないからね。
2021/05/12 05:2425返信3件
No Name
樹、逆切れしたり居直ったりせず、真摯に反省した点だけは良かったよ。
2021/05/12 05:1119
もっと見る ( 39 件 )

【夫婦、2人。】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo