渋谷物語 Vol.2

「気づいたら、彼の唇が…」3年ぶりに再会した男と、急激に距離が縮まった夜の出来事

文化・流行の発信基地であり、日々刻々と変化し続ける渋谷。

渋谷系の隆盛から、ITバブル。さらに再開発を経て現在の姿へ…。

「時代を映す鏡」とも呼ばれるスクランブル交差点には、今日も多くの男女が行き交っている。

これは、変貌し続ける街で生きる“変わらない男と女”の物語だ。

◆これまでのあらすじ

地方から渋谷へ遊びに来た14歳の梨奈。道に迷っていたところ、同い年の少年・恭一に助けられる。

それから3年後。恭一と再会するも、彼は梨奈のことを全く覚えていなかった。そんな出来事から、さらに3年が経ち…?

▶前回:満ち足りないと語る女は、男の肩にもたれ…?渋谷のホテル最上階で女が考えていたコト


2000年5月


「なんか、ドキドキがないんだよなあ」

大学の授業を抜け出し、今日も私は公園通りのカフェにいた。店主さんセレクトのゆるいフリー・ソウルは自然と私をリラックスさせ、思わず本音がこぼれてしまう。

高校2年のあの事件以来、センター街からは足が遠のいていた。だけど何の因果か、同じ渋谷にある青山学院大学の文学部に入学することになってしまったのだ。

― まあセンター街から遠いし、もう仲間と遊ぶことはないから別にいいんだけどね。

そんなわけで今の私は、代々木上原でひとり暮らしをしながら、キャンパスライフをなんとなく謳歌する女子大生である。

去年は友人の推薦でミス青学にもエントリーして、ファイナリストにもなった。

…惜しくもグランプリは逃したけど。

別に女子アナになりたいわけじゃなかったし、まあそこは「譲ってあげた」っていうのが正しいんじゃないかと思う。

こうして傍から見れば、キラキラしたトーキョーライフを送っている。なのに、刺激が足りない。

それはなぜなのか、本当はわかっているのだ。

【渋谷物語】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo