私たち、出逢わなければよかった Vol.8

婚約破棄を申し出た直後に発覚した、新恋人の裏切り。愛欲に走った女が受けた罰とは

かつて好きだった彼との再会。その思いが再燃してしまった時、人は恋心を抑えることができるのだろうか。

堰を切ったように溢れ出す感情。恋人も家族も敵にまわして貫く恋。

「ねえ。私たち、出逢わなければよかった…?」

安定した未来を捨ててまで燃え上がってしまった、恋の行方とは。

◆これまでのあらすじ

ついに信也へ、婚約破棄を申し出た菜々子。健太郎と一緒になることを決めたはずだったが、そんな彼に恋人がいたことが発覚する。

怒りと悲しみに震える菜々子は、健太郎の部屋を飛び出し実家へと帰るが…?

▶前回:突然かかってきた1本の電話に、女は震えあがって…?愛する男が隠していた衝撃の事実


「菜々子がこんなにひどい子だったなんて。我が家の恥よ…」

玄関に出てきた母は、声を震わせながら思い切り手を上げた。

バチン。

乾いた音が響いた後、頬がジンっと痛んだ。

― 両親に叩かれたことは、これまで一度もなかったのに…。

ジリジリと嫌な感覚が残る頬に......


【私たち、出逢わなければよかった】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo