夫婦、2人。 Vol.2

「私、一生子ども産まないから」20代女子が独身なのにそう決めた、意外すぎる理由

結婚しても子どもを持たないという選択は、もう特別なものでもない。

“2人”が、家族のかたち。

明るい未来を信じて、そう決断する夫婦も多い。

それでも…悪気のないプレッシャーや、風当たりの強さに、気持ちがかき乱されることがある。

これは、3人の女が「夫婦、2人で生きていく」と決めるまでの、

選択と、葛藤と、幸せの物語。

◆これまでのあらすじ

ピラティススタジオのオーナー兼インストラクターの美菜は28歳。20歳年上の夫の篤彦と、愛に満ちた幸せな毎日を送っている。そんな美菜は、あらめて「私は子どもを持つことはできない」と宣言する。それには深い理由があった。

▶前回:「小さなお子さんを連れてくるのは、ちょっと…」厳しい態度をとった新婚妻の、複雑な胸のうち


結婚を機に、美菜と篤彦が広尾のマンションに引っ越してきたのは一年前。夫婦2人で快適に過ごせる家を…と、分譲マンション探しをしたのだが、思わぬ難航をした。

どのマンションメーカーも、不動産会社の営業マンも、2人が新婚と聞くと、

“ご家族が増えた場合でもこちらの間取りなら…”

“ここは子ども部屋にぴったりです”

“防音性が高いので、元気なお子様が走り回ったり、少し大きくなってピアノなどを習っても…”

などと、“いずれ子どもが生まれる”ことを前提に話が進んでいくのだ。

子どもを持つつもりがない美菜は当然モヤモヤするが、空気を乱したくないので、その場では家族計画の話はうやむやにする。

ただやはり、夫婦2人で暮らす間取りの部屋を希望すると“こちらだとご家族が増えた場合…”と、話は振り出しに戻る。

― 新婚夫婦が住宅を購入するって、家族が増えるのが前提で話が進むんだ…。

美菜と篤彦の部屋探しはそんな幕開けだった。

「ここまで気が滅入るだなんて、予想外だったな」

「もし美菜が良ければだけど…俺にも考えがあるんだ」

肩を落とす美菜の顔を覗き込み、篤彦は神妙な面持ちで言った。

【夫婦、2人。】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo