ねぇ、いくつに見える? Vol.14

破局寸前の年下恋人が企んでいた、非常識なサプライズ。愕然とした女が下した結論とは

女は、いくつになっても若く見られたい。

特に自身の年齢にコンプレックスを持つ女たちは、エステやメイク、ファッションやヘアスタイル…。

誰よりも美容に気を使い、若く美しく見せることに必死になる。

おかげで、実年齢をうまくごまかすことはできるけど…。

―もう本当の年齢は、誰にも告げない。

そう決心したある女がいた。彼女は今日も鏡の前で、こうつぶやく。

「ねぇ。私、いくつに見えますか?」

◆これまでのあらすじ

サロンを経営している39歳の蘭子は、BARで33歳の純太と出会い、年齢を「32歳だ」と詐称したまま付き合っていた。

本当の年齢を告げることはできたが、彼からも「実は息子がいる」と告白を受けてしまう。混乱した蘭子は彼と距離を置き、他の男性に目を向けようとしたが…?

▶前回:“結婚観の不一致”から、最愛の恋人と距離を置いた女。直後、親友が見せたまさかの裏切り


― まさか、あの二人が…?

夕暮れ時の恵比寿駅前。

マッチングアプリで知り合った男性・カナメとの別れ際。辺りを見回すと、そこには距離を置いている恋人の純太と、親友であるはずの彩名が楽しげに歩く姿があった。

蘭子は二人を見て、呆然と立ち尽くす。

― でも、お似合......


【ねぇ、いくつに見える?】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo