女といるのが向いてない Vol.4

「気になる女が、他の男ともデートしていて…」何気なく探りを入れた瞬間、女が見せたまさかの反応

女といるのが向いていない、男たち。

傷つくことを恐れ、女性と真剣に向き合おうとしない。そして、趣味や生きがいを何よりも大切にしてしまう。

結果、彼女たちは愛想をつかして離れていってしまうのだ。

「恋愛なんて面倒だし、ひとりでいるのがラク。だからもう誰とも付き合わないし、結婚もしない」

そう言って“一生独身でいること”を選択した、ひとりの男がいた。

これは、女と生きることを諦めた橘 泰平(35)の物語だ。

◆これまでのあらすじ

元カノを忘れられないという理由で、女性との関わりを断ち続けている泰平。ある夜、友人の樹(たつき)から「お前だって、本当は誰かと生きたいんじゃないの?」と言われる。

そんな折に、何かと泰平に絡んでくる灯(あかり)から電話がかかってきたのだった…。

▶前回:食事会で出会った女と、突然の再会。そのとき彼女が発した“ある言葉”に戸惑いを隠せなかったワケ


「…もしもし?」

「わ、出てくれた!ねえ泰平さん、今何してる?」

自宅でドキュメンタリー番組を見ながらゴロゴロとくつろいでいた、ある日の夕方。灯から突然、電話がかかってきたのだ。

「…へ?今?」

間の抜けた返事に、彼女は少し笑いながら言う。

「一人で飲ん......


【女といるのが向いてない】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo