ヤドカリ女子 Vol.1

ヤドカリ女子:仕事も男も手玉に取る28歳女。彼女が決して自宅に帰らない理由とは

『3125』と書かれたプレートを見つけ、ベルを押す。少しの間を置き、ドアが開いた。

「工藤さん、こんばん…」

言い終わる前に、たくましい腕に抱き寄せられる。

「あんな、お疲れ様」

180cmを優に超える長身から額に落とされるキスがくすぐったくて、あんなは身をよじる。工藤は華奢な体に回す腕の力を緩め、髪を撫でてきた。

「こんな時間まで大変だったね。ご飯は?」
「食べてないの。もう今日はいいかなって」
「だめだよ、体は資本。たくさん働いたら、ちゃんと食べないと」

ようやく身を離した彼は、サイドテーブルの引き出しからメニュー表を取り出した。

「ナイトメニューなら今の時間も持ってきてくれるから、よかったら頼んで」
「いいの?」
「あんなのためなら」

彫の深い端正な顔に優しく見つめられ、あんなは小さく笑った。

モデルの経験もある優れた容姿で、年収2,000万の外資系コンサル。34歳で独身の工藤は、誰もが羨み付き合いたいと願うだろう。

「じゃあ頼もうかな。その間にお風呂入ってきてもいい?」

上着の袖を抜きながら言うと、すぐに彼はあんなの後ろに回った。そしてコートを脱がしながら、首筋に唇を寄せる。

「もちろん。スマホは充電しておく?」
「ありがとう、全然充電ないの。…あ、白ワインも飲みたいな」

仰せのままに、と恭しく言う工藤は、悪戯っぽく口角を上げた。




「そうだ」
「ん?」

あんなはクラブハウスサンドをかじりながら、工藤に目を向けた。白ワインのグラスを手にした彼が、ベッドサイドテーブルを指す。

「お風呂入ってる間、スマホ鳴ってたよ」
「そう?」
「うん、何回も」
「へえ」

工藤は諦めたように苦笑し、あんなの左手に手のひらを重ねた。

「まあいいや。来週の金曜も会おうよ」

あんなは咀嚼を止め、顔を上げた。ワインを一口飲んでから「あのね」と言葉にため息を混ぜる。

「工藤さんといつ会うかは、私が決めるの」

言いながら、左手に絡められた彼の指をほどく。

「私が会いたいときに会う。そういう約束でしょ?」
「そうだね、失礼しました」

怒らないで、と工藤は肩をすくめた。あんなは立ち上がり、充電ケーブルがささったスマホを手に取る。LINEが5件。

「…男?」

いつのまにか背後に立っていた彼が、後ろから抱きしめてきた。

「気になる?」

そう言ってあんなは、くすりと笑う。

「いい加減、俺だけのものになってほしいんだけどな」

耳元の囁きが、心地よく自尊心を満たしていく。

LINEはもちろん、男からだ。あんなを求めて止まない医師と、IT企業の経営者。誰もが羨むハイスペックな男に求められている。

何着もの服とメイクセット、スキンケア用品が入ったボストンバッグを抱え、あんなは毎晩違う男のもとに帰る。

『完璧な自分』でいるための、大切な大切なルーティンだからだ。

【ヤドカリ女子】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo