夫の寵愛 Vol.7

夫が隠していた結婚前の秘密。全てを知った妻に、男が語った衝撃的な言い訳

大抵どんな夫婦にも、互いに“秘密”があるものだ。

『愛しているからこそ、全てを知りたい』

そう考えた一人の男がいた。

愛しすぎることは、罪なのか……?

◆これまでのあらすじ
料理教室を営む里紗は、スタッフの梓から「ご主人はストーカーです」と聞かされ、それを最愛の夫・毅に確認する。毅はあっさりそれを認めたが、彼には彼の言い分があった…。

▶前回:「恥ずかしくて、誰にも言えない…」彼氏にフラれ寂しくて、女がつい手を出してしまったこと


6年前、毅は付き合っていた女性との別れを迎えた。

彼女の名前は、梓

本気の恋だった。

だが付き合って半年が経った頃、急に連絡が取れなくなったのだ。しばらく諦めきれず、梓との繋がりを取り戻そうとしたが、それは叶わなかった。

自暴自棄になり、YouTubeを垂れ流しながら酒を飲む日々が続いた。そんなある日、セクシーな服で料理をする女性の動画を偶然目にする。

彼女の声が耳に届いた瞬間、酔いが覚め全身に血が巡るのを感じた。そして次の瞬間には、梓のことを忘れ画面の中の女性、すなわち里紗に夢中になっていたのだ。

当時は、彼女の本名すら知らなかったが、ひと目で恋に落ちた。

― この女性は、梓を忘れるための神様からのギフトなのかもしれない。

早速「とっても素敵です」などとコメントをして彼女とつながろうと思った。しかし、他の男性からのメッセージでコメント欄が溢れ返っているのを目にして、急に怖気づく。

― こんなに魅力的な女性なんだから、当然だよね。俺には高嶺の花…。

まだ何もしていないのに、毅は失恋にも似た気分になり、コメントはせず「もう彼女の動画を見るのはやめよう」と決意した。とはいっても、決意とは裏腹に、たった2本しかない里紗の動画を毅は何度も何度も再生した。

そんな折、突然運命が動いたのだ。

【夫の寵愛】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo