焼き鳥デートに最適!恵比寿で「大人の焼き鳥」ならこの5軒!

何かと使い勝手のいい恵比寿。そんな恵比寿で、知っておくと便利なのが「大人が使える焼き鳥店」。

最近では大人がデートや大切な仲間と行きたくなるような、お洒落な良店が増えてきている。

そこで本記事では恵比寿に近年に誕生した、個性際立つ5軒を厳選してご紹介!

「どの席に座っても、ほかのお客様と目線がぶつからないよう工夫しています」と店長。接待に使える、6名まで可の個室もあり

J字のカウンターでいただく、既視感のない串の数々に感動!『鳥つた』

「恵比寿で焼き鳥」といえばデートで、という人も多いはず。

となれば、重要なのはお店の雰囲気や上質な空気感。

それらの条件が叶い、串も抜群と評判なのが『鳥つた』だ。

焼き場の正面にはシールドが貼られている。そのため、煙が気にならず、焼き場の臨場感だけ拝借できる

店に入ると、まず目につくのが、コの字ならぬJの字型のカウンター。

おすすめしたいのが焼き場をすぐ眺めることができる左奥の席と、その2席と直角で連なる2席だ。

というのも、これらの席には隣り合う人がいないので、ふたりの世界に入りやすいのがおすすめの理由だ。

「キンカンの醬油漬け磯辺巻き」

そんなカウンターで味わえるのは、既視感のない串の数々。

一品目は、キンカンを海苔で巻いた前菜。雌鶏の卵巣を特製醬油で一晩漬け込んだものと、ニラを海苔で巻いてほお張る。

通常はごま油で仕上げるが、ワインのゲストには、トリュフオイルに変えるなど、細かな気配りが嬉しい。


『レストラン検索』のご利用はこちら>>

「ねぎま」

続いては、あさつきを巻き込んだ「ねぎま」。

水郷赤鶏のムネ肉であさつきを巻いた「ねぎま」は、仕上げのごま油と、焦がしたネギの香りがアクセントになった一本。

「きつね」

こちらは、地鶏を油揚げでくるんだ「きつね」。これもまた、ほかでは食すことができない、珍しい串だ。

地養鶏のモモ挽き肉と大葉を油揚げで巻いた「きつね」は、『鳥つた』の人気串。油揚げに染み込んだタレと鶏のジューシーさが合わさり、大葉の余韻がふんわり香る!

メニューは「コース」3,900円~のみだが、21時以降はアラカルトも可能だ。旨くて、“ライブ感”も“しっぽり”もある。大人が似合うカウンター焼き鳥の理想がここにある。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo