黒ずきんちゃん Vol.4

「彼からの押しが凄くて…」同じ男を狙っていた女友達から聞かされた、衝撃的な話とは

―もしあなたが、 ”善人の顔をした悪魔”と仲良くなってしまったら…?

世の中には、こんな人間がいる。

一見いい人だが、じわじわと他人を攻撃し、平気で嘘もつく。そうして気がついた時には、心をパクッと食べられている…

そう、まるで赤ずきんちゃんに出てくるオオカミのように、笑顔の裏には激しい攻撃性を隠しているのだ。

◆これまでのあらすじ

結衣は、ユリアと一緒に参加した食事会で、健人と良い感じになる。しかしそう思っていたのは結衣だけだったようで…?

▶前回:「皆の前で、恥ずかしいコト言ってごめん…」男たちとの食事中に、女が逃げ出したくなった理由


「え?今なんて…?」
「ごめんね。結衣ちゃんって、健人さんのことちょっと狙っていたよね?」

イケメンハイスペ経営者の飲み会から二週間後の土曜日。

その日はユリアと一緒に、私の知り合いと食事する予定があったのだが、ユリアの提案で、少し早めに会ってお茶をしていた。

しかし、呑気にソイラテを飲もうとしていた私は、ユリアの言葉に驚いてしまった。

健人に関して言えば、私が狙っていた…というよりも、彼の方から積極的に来てくれていた。それなのにユリアから突然、彼女と健人がデートをしたことを聞かされたのだ。

「なんか、健人さんが“どうしてもユリアちゃんに会いたい”ってプッシュがしつこくてさ…結衣ちゃんが狙っていることも知っていたんだけど。ごめんね」
「ううん。それは健人さんの意思だし、ユリアが謝ることじゃないよ!」

そう笑顔で答えたけれど、実はガッカリしていた。

何よりも腹が立つのは、あの食事会で会ってからほぼ毎日、健人から連絡が来ていた点だ。ついさっきだって、他愛もない会話だがLINEが入っていた。

—何よ、健人さん。二人同時進行していたのか…

ショックを受けながらも、これが現実だから仕方ない、と自分に言い聞かせていた。

【黒ずきんちゃん】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo