必要ですか? Vol.10

「僕のコレクションを、捨てようとするなんて」収集家の夫と潔癖の妻。衝突する夫婦の結末は

“思い出”はときに、“ガラクタ”に変わる。

ガラクタに満ちた部屋で、足を取られ、何度も何度もつまずいて、サヨナラを決意する。

捨てて、捨てて、まだ捨てて、ようやく手に入る幸せがある。


合言葉は、ひとつだけ。


「それ、あなたの明日に必要ですか?」



徳重雅矢は、お片づけのプロ。カリスマ整理収納アドバイザーだ。

“お片づけコンシェルジュ”を名乗る雅矢は、新人アシスタントの樋口美桜とともに、まるで魔法のように依頼人の部屋を片づけ、過去との決別を促し、新たな未来へ導いていく。

今回の依頼人は…主婦・泉果穂(41)と、証券マン・泉悟史(47)の夫婦。

骨董品の収集癖がある夫と、それに我慢ならない妻。衝突する二人が出した結末は?

▶前回:「これが、略奪女の末路です」二番手にしかなれない女の、屈折した日々とは


「お片づけをするにあたって、絶対にしてはいけないことが一つだけあります」

雅矢は、青ざめた顔の果穂に向かってきっぱりと言った。

「他人の物を勝手に捨てること。たとえ家族でも、それは断じて許されることではありません」

「それがゴミやガラクタでもですか?」

果穂は......


【必要ですか?】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo