美活時代 Vol.4

「たった2年の間にどうしちゃったの!?」27歳独身女が、出産した友人に浴びせたありえない一言

美は、お金をかければかけるほど育つ。

美容皮膚科に、ネイルサロン。それからサプリメント…。いくらあったって足りないの。

誰もがうっとりするような、手入れの行き届いた美貌。

ーそれさえあれば、魔法みたいに全てが上手くいくんだから。

そう信じて美に人生を捧げてきた27歳OL・ユリカの物語。

◆これまでのあらすじ

彼氏・祐太との連絡が途絶え、悶々としていたユリカ。思い切って祐太のオフィスまで行き待ち伏せをしたが、祐太に「付き合いきれない」とキッパリ振られてしまう。

ちょうどその時、大学時代の親友である智美から連絡が来て…。

▶前回:「一夜を共にしたときから違和感が…」絶世の美女が彼氏にフラれた、まさかの理由


Tomomi:先にお店入ったよ(^^)

待ち合わせ時間の5分前。ユリカの携帯に智美からLINEが入った。今日はお台場で、大学時代の親友・智美と会うことになっている。

2人は卒業してからも毎年一度は必ず会っていた。

しかし去年は智美が出産し、バタバタしていて会えなかった。だから今日は2年ぶりの再会だ。

梅雨の合間のよく晴れた休日。日傘を畳んで、ユリカは待ち合わせ場所のレストランに入った。

グルリとあたりを見回して、智美の姿を探す。

すでに店内にいるはずなのに、それらしき人物がパッと見当たらない。ユリカが困っていると、奥の方の席で智美が手を上げた。

「ユリカー!久しぶり!」

「…あ、智美!」

そこには、たった2年しか会っていなかったとは思えないほど“変化”した姿の智美がいた。

ユリカはぎこちなく笑いながら、智美の座る席に向かう。他愛もない挨拶を交わす間、ユリカは智美の姿をまじまじと見てしまった。

ペタンコでヒールのないサンダルに、体型を隠すようなチュニック。いつも綺麗に手入れされていたネイルもまつエクもついていない。

―智美…。すっかりおばさんだなあ。

【美活時代】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo