社会人デビュー Vol.2

「純粋そうで、可愛いね」上京したての女がイケメン商社マンに見初められた結果、起きた悲劇

およそ1,400万人が暮らす、現代の東京。

そのうちの実に45%が地方出身者で占められているという。

東京にやってくる理由は人それぞれ。だが、そこに漠然とした憧れを抱いて上京する者も少なくないだろう。

これは、就職をきっかけに地方から上京した女が、東京での出会いや困難を経験して成長していく「社会人デビュー」物語。

大都会・東京は、はたして彼女に何を与えてくれるのか…?

◆これまでのあらすじ

2019年4月。生まれ育った北海道を離れ、上京するきっかけを掴んだ美咲。

だがそこで目にしたものは、都内で大学生活を送ってきた同期達がまとう、華やかな空気感や形容し難いこなれ感。美咲も東京に見合う女になることを決心するが…?


入社式の帰り道、美咲はその足で渋谷ヒカリエに向かっていた。

本当は、入社式終わりにどこかおしゃれなカフェにでも寄って帰ろうと楽しみにしていたのである。しかし今、頭の中はある1つの思いでいっぱいになっていた。

―とにかく、外見を少しはマシにしなきゃ…。髪型?ううん、洋服かな?とはいえ、服もしばらくはオフィスカジュアルよね。

そうしてあれこれ考えていたら、ふと閃いたのだ。

ーそうだ、お化粧!メイクだったら印象変えられるわよね?

美咲は、一目散にB1階の化粧品売り場に向かう。

大学時代もメイクはしていたが、「周りもしているから」程度の気持ちで、特にこだわりがあるわけではなかった。

―今日会った同期達は、メイクもすごく可愛かった。なんというか、それぞれ自分のものになっていたわ。

とはいえ、自分がどうしたらああなれるのかは分からない。

とりあえず立ち寄った外資系コスメブランドのカウンターで相談し、「旬顔になれるカラー」と人気を博しているらしい口紅を購入することにする。

さらには、担当してくれた美容部員さんが「このリップに合いますよ」と薦めてくれたアイシャドウまで買うことにした。

―明日から早速使ってみよう。

渋谷を出る頃に時計を確認すると、21時を超えてしまっていた。

―なんだか、初日からものすごく疲れた。明日からも研修だし、帰って早く寝よう。あー…夕飯がないんだった。既にお母さんに会いたい…。

社会人として東京で暮らす、初日。昨日まであれほど期待で胸を膨らませていたというのに、美咲は早くも弱気になりかけていた。

【社会人デビュー】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo